• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

住まいの購入は、人生のなかでも非常に大きな買い物であり、その後の人生の充実度に直結します。また、高額な費用を必要とするため、後悔しない物件を見つけ出し、購入をすることが大切です。 では、魅力的な物件に出会ったときにどうすればいいのでしょうか?それは、対応の良い仲介業者を利用することです。ここでは、中古マンション購入をする際にぜひ知っていただきたい情報、良い業者を見分けるためのポイントなどを集めておりますので、ぜひ参考にしてください

マイホームブック(byスターフォレスト)

2018-07-05

横浜市青葉区の住みやすさと評判、相場・スポット:ベッドタウンとして人気のファミリー層向けのエリア

4-001

横浜市青葉区はこんな街 横浜市青葉区は、東側には東急田園都市線と東名高速道路、国道246号が沿うように走り、西側には東急こどもの国線が走っています。区の北西側は東京都町田市と神奈川県川崎市麻生区と接する境界線となっています。 区の中心を南北に流れる鶴見川沿いには横浜市内でもめずらしい平らな農業用地が広がっており、「浜なし」ブランドの梨は有名です。それ以外のエリアは丘陵地帯がほとんど。そ…

続きを読む

2018-07-05

横須賀市の住みやすさと評判、相場・スポット:海も山も近くにある、のんびりとした雰囲気が魅力のエリア

6-001

横須賀市はこんな街 横須賀といえば有名なのが、幕末のアメリカ海軍・ペリー来航や、戦後置かれた米軍基地の存在でしょう。関連して海上自衛隊の基地もあり、潜水艦や艦隊が停泊しているのもよく見られるなど、いわば「海軍の街」として独自の文化と雰囲気を形成してきました。 しかし、横須賀の特徴はそればかりではありません。昔ながらの店舗がたち並ぶ商店街、静かで穏やかな住宅街、美しいバラが咲く公園など、…

続きを読む

2018-07-05

横浜市戸塚区の住みやすさと評判:横浜駅まで10分でアクセス可能で自然も多い

7-001

横浜市戸塚区はこんな街 横浜市最大の面積を誇る戸塚区は、その中央をJR東海道線と国道1号、柏尾川が縦断するかたちで走っています。地形としては谷戸や沢が多いですが、高度経済成長以降は丘陵地の造成が進み、大半の丘陵地は住宅地として開発されています。 そして現在は、東京や横浜のベッドタウンとして多くの人口を擁しており、主要駅である戸塚駅の平均乗降人数はJR東日本・横浜市営地下鉄ともに横浜市有…

続きを読む

2018-07-05

川崎市中原区の住みやすさと評判:都心へのアクセスが抜群で住環境が良い住みやすいエリア

5-001

川崎市中原区はこんな街 遠くからでも見渡せる武蔵小杉のビル群―そんな景色は、すっかり川崎市中原区を代表する景色の一つとなりました。中原区には、新丸子や元住吉といった駅もありますが、中心となっているのは一大ターミナル駅の武蔵小杉駅です。 かつては高度成長期を支える工業地帯であった一帯は、いまでは再開発を経て先端企業が集積し、その一方で一大住宅街を擁しています。同時に、川崎市中原区は神奈川…

続きを読む

2018-07-05

川口市の住みやすさと評判、相場・スポット:東京に隣接する交通の利便性に優れたエリア

10-001

川口市はこんな街 川口の歴史は古く、人が住みはじめたのは今からおよそ2万年も前のこととされています。 江戸時代には数々の産業が振興。特に鋳物産業と植木・苗木の栽培は発展し、飛躍的発展をとげた鋳物産業によって「鋳物の街川口」の名は全国に知られるようになったのです。 その後、住宅都市化が進み、今日の川口市の姿となっています。JR川口駅や埼玉高速鉄道・川口元郷駅のある中心エリアには…

続きを読む

2018-07-05

川崎市麻生区の住みやすさと評判、相場・スポット:新百合ヶ丘駅周辺は景観も利便性もすぐれた人気のエリア

8-001

川崎市麻生区はこんな街 1982年に多摩区から分区して設けられた麻生区は、同じ川崎市のなかでも、行政や商業の中心地である川崎区とは最も離れています。そのため、わざわざ川崎区まで移動しなくても多くのことが区内で事足りるように、「川崎市の北部副都心」として開発が進められています。 そして、小田急小田原線・多摩線の乗り入れる新百合ヶ丘駅周辺には、区役所や税務署といった公共施設に、百貨店や映画…

続きを読む

2018-07-05

所沢市の住みやすさと評判、相場・スポット:緑豊かで生活の利便性が高い東京のベッドタウン

9-001

所沢市はこんな街 埼玉県南西部に位置する所沢市は、真偽は定かではないものの一説には「野老(トコロ。ヤマノイモ科の植物)が群生する湿地」であったことからその名がついたともいわれ、所沢市の市章はその野老の葉を図案化したものが使われています。 東京都民の水源となっている山口貯水池(通称:狭山湖)があるのも所沢市で、川や丘陵といった自然に恵まれた地域です。 西武池袋線・西武新宿線が互…

続きを読む

2018-07-05

横浜市港北区の住みやすさと評判、相場・スポット:新横浜駅が所在する交通の利便性が抜群なエリア

3-001

横浜市港北区はこんな街 神奈川・横浜市の北東部を占める港北区は、横浜市政が指定する「新横浜都心部」の多くの地域を擁し、今もなお活発に再開発が行われている地域です。 商業の中心地は、新幹線の停車駅である新横浜駅周辺。小机町には、2002年に開催されたFIFAワールドカップ決勝の舞台である横浜国際総合競技場(日産スタジアム)があります。 交通機関沿線では商業地や住宅地が発達し、東…

続きを読む

2018-07-05

鎌倉市の住みやすさと評判、相場・スポット:古都の風情が残る街並みの美しいエリア

2-001

鎌倉市はこんな街 鎌倉といえば、天然の要害である地の利を生かして古くから豪族などが本拠としていた歴史のある街です。なかでも有名なのは、鎌倉幕府を開いた地であるということ。 そこから交易も盛り上がるなど、当時の関東の文化的な中心地となっていました。鎌倉といえば寺社仏閣の多さで知られていますが、それもそうした時代から続く歴史の名残りといえます。 また、明治には別荘地として発展し、…

続きを読む

2018-07-05

品川区の住みやすさと評判、相場・スポット:交通の利便性と住環境が揃ったエリア

9-001

品川区はこんなエリア 江戸時代には東海道の宿としてにぎわいを見せ、明治時代以降は京浜工業地帯発祥の地として発展を遂げた品川区。 現在では、品川駅への新幹線の停車や羽田空港の国際化に伴い、改めて交通・産業の拠点としての存在感を増しています。 品川駅周辺や天王洲アイルなどの臨海部は再開発が進み、商業地として先進性のあるエリアになっていますが、一方で、区のあちらこちらには、かつての東海道・…

続きを読む

1 / 2812345...1020...最後 »