• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 街紹介 > 北千住の住みやすさと評判、相場・スポット:都心へアクセスしやすいのに家賃が手頃なエリア

2018-07-02

北千住の住みやすさと評判、相場・スポット:都心へアクセスしやすいのに家賃が手頃なエリア

2-001


北千住はこんなエリア

まずは北千住の立地や特徴からお話ししていきますね。

5つの大学が所在する学生の街

北千住は長く下町として地元の人から愛されてきました。近年では区が積極的な誘致活動を行い、それにより東京芸術大学や東京電機大学など5つの大学が設立されたので、学生も多い活気のある街として見られることも多いです。

隅田川と荒川に挟まれた立地

北千住とはあくまでエリアの名称で、正式には足立区の千住周辺がそうです。立地的にはちょうど隅田川と荒川に挟まれる格好になっており、昔は公園や河原といった、子どもたちの遊び場が充実していました。

下町情緒が残る

最近は学生が増えたこともあって繁華街も発展してきましたが、それでもまだまだ下町情緒が残る街として評判です。
今はもう解体されてしまい見ることはできないものの、「おばけ煙突」と呼ばれる4本の煙突は地元で有名です。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」でも、その煙突がテーマになった回がありました。

北千住の住みやすさポイント

2-002

北千住が人気の理由として、さまざまなエリアへのアクセスの良さ、そして比較的家賃が安いことが挙げられます。

都心へアクセスしやすい

川に挟まれているという特殊な立地のため、一見するとアクセスが悪そうに思えますが、そんなことはありません。
5つの路線が通っているため乗り換えが容易で、さらに都心はもちろん、千葉や埼玉といった郊外へのアクセスも良好です。
どのエリアにも数十分で行けるというのは大きなメリットでしょう。

残念ながら始発駅ではないので電車内は混雑(都心方面はとくに)するのですが、そこまで求めるのは少し贅沢かな?という気もします。

家賃が手頃

東京の家賃相場は全国の中でも群を抜いて高いことで有名ですが、北千住は比較的家賃が抑えられている物件が多いです。
学生が多いということもあり、そういった傾向が生まれているのでしょう。
不動産住宅サイト「スマイティ」では、家賃相場はワンルームでは6.4万円、1LDK-2DKでは8.4万円となっています。

駅から徒歩で十数分ほど離れるだけで家賃は大きく下がるので、家賃を少しでも安くしたい人はそういった物件を狙っていきましょう。

北千住の評判

駅周辺にマルイ、ルミネといった大型の百貨店が並び、それら以外にも若者向けのショップが充実しているので、都心まで出なくても十分ショッピングを楽しむことができます。

また、数こそ減ったものの昔ながらの商店街もまだまだあるので、下町としての風情を感じることもできるでしょう。
バランスの取れた、若者にもファミリー層にもおすすめできるエリアだと言えますね。

北千住の中古マンション相場

近年、北千住の中古マンション相場は上昇傾向にあります。
不動産情報サイト「athome(アットホーム)北千住駅の価格相場から中古マンションの物件を探す【アットホーム】|マンション購入の情報」によると、2017年10月時点の中古マンション相場は3,600万円ほど。前年の同時期と比べると400万円程度値上がりしています。北千住の人気が上がり、移住者が増えた結果かもしれませんね。

間取り別の相場についても見てみましょう。

1R~1K

1R~1Kについてはあまりデータがなく、正確な相場は算出できていません。およそ1,600万円前後の物件が多いので、そのあたりが相場になるでしょうか。

1DK~2DK

2,500万円程度が相場となっています。徐々に値上がりしているので、来年以降もさらに価格は上昇していく可能性が高いです。

2LDK~3DK

最も価格上昇が見られたのがこの間取りで、前年から600万円程度アップ。2017年10月時点で相場は3,800万円となっています。ファミリー層が多く移住しているのが大きな要因でしょう。
よく探せば2,000万円台の物件も見つけることができるので、予算が多少少なくても希望の物件を見つけられる可能性があります。

3LDK~4DK

3LDK~4DKの相場も3,800万円ほどになっています。ただ、2LDK~3DKとは異なり、2,000万円台の物件は少なめで、3,000万円後半から4,000万円ほどの物件が多い印象。相場は同じとはいえ、実際のボリュームゾーンは異なることに注意です。
この間取りもやはりじわりと価格上昇を続けており、これからもこの傾向は続くと考えられます。

北千住のショッピングスポット

北千住のショッピングスポットとして、「ルミネ北千住」、「北千住マルイ」、「千住ミルディス」などがあります。いずれも駅近にあるので、アクセスは抜群。都内に出なくても本格的なショッピングが楽しめるのは嬉しいですね。

ルミネ北千住

ルミネ北千住には「ユナイテッドアローズ」や「ビームス」など、若者向けのセレクトショップも出店しており、おしゃれなスイーツを販売しているお店も充実しています。

北千住マルイ

参考URL:店舗のご案内|北千住マルイ

対照的に、北千住マルイにはキッズ向けやファミリー層向けのお店が多数出店しており、ちょっとした日用品も全てここで揃えることができます。
休日はこの3つのデパートを練り歩いてショッピングを満喫するのも楽しいですよ。

北千住駅の西口には昔ながらの商店街もあり、スーパーや日用品の小売店が軒を連ねています。普段の買い物はこの商店街周辺で済ませるのがいいでしょう。

北千住周辺の休日に過ごせるスポット

荒川周辺

足立区は荒川に隣接しており、北千住からならすぐにアクセス可能です。
堤防付近は自然が広がっており、晴れた休日には日向ぼっこをして過ごすのも楽しいですよ。
また、荒川の堤防は「3年B組金八先生」や「親子ゲーム」のロケ地として使われた場所として有名。これらの作品を観たことがあるなら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。きっと懐かしい気持ちが蘇りますよ。

千住スポーツ公園

参考URL:足立区/千住スポーツ公園
千住スポーツ公園はさまざまな球技が楽しめるスポットです。利用には前もって予約が必要ですが、テニスコートやサッカー場、トラック付きの運動場を借りることができます。

他にも、相撲場や弓道場があり、新しい趣味を見つけるきっかけになるかもしれません。

北千住周辺の大きな公園

近くに大きな公園があるのも北千住の大きなメリット。デートスポットとして、子どもたちの遊び場として、いろんな楽しみ方ができる場所です。

荒川小菅緑地公園

ビルや大きな建物が周辺にないので、荒川をずっと遠くまで見渡せます。都会の喧騒を忘れたいときに、ぜひ訪れたい場所です。

虹の広場

虹の広場は、1万本を超えるチューリップとパンジーが有名な公園。7色のチューリップが花壇を彩っている光景はとても美しいですよ。
また、夏には花火大会を観覧するスポットともなり、秋には「区民祭り」で賑わいます。1年を通してイベントを楽しめる公園です。

北千住はアクセスの良さと家賃の手頃さを求める方におすすめ

家賃はなるべく抑えたい、でもアクセスの良さや住みやすさも捨てたくないという人には、北千住はピッタリの街だと言えるでしょう。
ただ、悪く言えば全てが中途半端とも捉えられるので、どれか一つに突出した街に住みたいという人にはあまり向いていないかもしれません。

なお、足立区は東京の中で比較的治安が良くない街だとされてきましたが、最近の街の発展によってその印象は大きく変わっています。
ぜひ一度足を運んでみて、その街並みや雰囲気を実際に感じてみてくださいね。