• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > コラム > 豪邸に住むとこんな苦労が!? 大きな家に住むことで生じる7つの悩み

2018-05-31

豪邸に住むとこんな苦労が!? 大きな家に住むことで生じる7つの悩み

s-shutterstock_676661263


門から玄関まで続く庭、広い部屋の数々にきらびやかなシャンデリア、ジャグジーにプール……「あんな豪邸に住めたら、人生が楽しくなるに違いない」「広々とした家でいい暮らしがしてみたい」と一度は考えたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、豪邸には豪邸ならではの苦労もあります。何も考えずに豪邸に住んでしまうと、あとでいろいろな悩みを抱えることになりかねません。大きな家に住む人に多い悩みを知っておけば、豪邸に住むチャンスが生まれたときにも適切な判断がしやすくなります。

やっぱり豪邸には憧れる

名だたる高級住宅街に立ち並ぶ豪邸や、億ションといわれるような住宅で、まるで映画の1シーンのような豪華なインテリアに囲まれて住んでみたいというのは、多くの方が考えたことがある憧れの一つでしょう。

仕事で成功して大金を得た経営者や芸能人が、その成功の証として何億円もの豪邸を建てるという話も聞かれます。広々とした庭でお子さんやペットが遊んでいたり、大勢の人を招いてもスペースに余裕があるような豪邸を見れば、多くの方がうらやむものです。

しかし、現実的には、豪邸には豪邸ならではの苦労があるものです。長年の夢だからと何も考えずに豪邸に住むと、さまざまな悩みを抱えることになってしまうことも少なくありません。

豪邸に住むことで生じる7つの悩み

掃除

面積が広ければ、それに比例して掃除が大変になります。豪邸の場合、浴室やトイレなどの水回りが複数あることも多く、その分も掃除が必要になります。外部に委託するならば、毎月の出費を覚悟しなければなりません。

光熱費

電気・ガス・水道の光熱費も部屋数に比例して増えることになります。広大な庭があれば、草刈りや植木の手入れなどといったメンテナンスの費用も必要になるでしょう。防犯対策としてセキュリティサービスを導入すれば、さらに負担がかさみます。

固定資産税

広大な豪邸の維持にかかる固定資産税は、年間数百万円、数千万円に及ぶことも珍しくありません。豪邸を手に入れるための購入費用を支払うだけでは済まず、毎年のように高額の出費を強いられることになるのです。
s-shutterstock_191931398

手に余る

子供が独立したり仕事をリタイアすれば、せっかくの豪邸ももてあまし気味に。そうなれば、金額だけでないメンテナンスの負担は年老いたオーナーが一手に引き受けることになりますし、住人が減れば防犯上のリスクも高まることになります。

災害

建物も大きく、シャンデリアなどのインテリアなども多い豪邸は、大きな地震などの災害に遭遇すれば被害もそれだけ大きくなる可能性が高まります。古い建物の場合は特に、その耐震性が懸念されます。

相続

豪邸の相続には莫大な相続税がかかります。その費用を工面するのもひと苦労で、子供に財産を残すどころか大きな負担を残してしまうことにもなりかねません。

売却

豪邸ともなれば面積は相当なものです。売却価格もそれなりの価格をつけることになるでしょう。そのように高額な物件を購入できる層はそれほど多くなく、売りに出すといっても簡単に売れるとは限らないのです。

豪邸を建てた後のこともシミュレーションしておこう

長年の夢を実現して豪邸を手に入れたら——。その満足感はとても大きなものになるでしょう。しかし残念ながら、せっかく苦労して手に入れた豪邸も、いざ住むとこのような悩みを抱えることにもなってしまいます。

そうなってから「こんなはずではなかった」と考えても後の祭りです。手頃な物件を見つけたとしてもすぐに飛びつかず、豪邸を手に入れて住んだあとのことをさまざまな角度からシミュレーションし、考えられる問題やリスクに対応することができるか、きちんと検討する必要があるのです。

おわりに

大きくて豪華な豪邸での暮らしは、外から見れば優雅なものです。「こういう家に住んでいる人は、何の不自由もなく暮らしているのだろうな」と思うかもしれません。ところが現実は、そう甘くはないのです。

自分や家族にとって豪邸が「本当に快適な住まい」となるのかどうか、イメージだけで考えるのではなく、現実的な知識を得て、そのうえで判断するようにしましょう。