• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 街紹介 > 中野の住みやすさと評判、相場・スポット:子育て支援が充実した住み心地のよいエリア

2018-07-03

中野の住みやすさと評判、相場・スポット:子育て支援が充実した住み心地のよいエリア

6-001


中野はこんなエリア

「中野といえばサブカルチャー、サブカルチャーといえば中野」と言い切ってしまっても問題ないくらい、サブカルが溢れています。
秋葉原もオタクが集まる街として有名ですが、アキバとはまた違った雰囲気がありますね。

また、中野区は東京の中でもとくに人口が多い区で、人口密度はなんと全国2位となっています。
その影響からか駅周辺は常に人でごったがえしていて、商店街や繁華街も賑わっています。

そして、中野は近年再開発が行われたエリアです。大学のキャンパスが新設されたり、緑のある広場などができたりして、より過ごしやすい街づくりが行われました。

中野の住みやすさポイント

6-002

落ち着いた住宅街が多い

駅から少し離れると、駅前の騒々しい雰囲気から一転して落ち着いた住宅街が現れます。
大学のキャンパスができたことから一人暮らしの学生も多く、また女性の一人暮らしが多い街でもあります。
駅周辺には女性が一人でも入りやすい静かな雰囲気の居酒屋などもあり、そういった点もサブカル女子から人気を得ているのかもしれませんね。

子育て支援が充実している

全国的に保育所不足が嘆かれている近年ですが、中野区ではそういった現状を打破するために、積極的な認可保育施設の充実に取り組んでいます。
それでもまだまだ数は足りていないのが現状ですが、具体的な運動を行っているのは小さい子どもがいる家庭にとって大きな希望となるはずです。

また、児童手当は最大で月額1万5000円受給することができ、家計が苦しい家庭にとってはとてもありがたいでしょう。
お子さんがいるなら中野区は検討すべき街の一つに入るかもしれませんね。

治安は比較的良い

一人暮らしの女性にとって気になるのが治安の良さ。家賃よりも重視すべきポイントだとも言えます。
中野区の治安は東京23区平均では中の上といったところで、そこまで劇的に良いわけではありませんが、かといって悪いわけでもない、そんな印象ですね。

やはり繁華街の規模が大きいため、その周辺は治安の良さが下がる傾向にあります。大きな通りは問題ありませんが、横道に入ると少し物騒な感じです。
女性が夜一人で歩くには不安でしょう。ただ、道を選んで歩けばそこまで不安を感じることもないと思います。

中野の評判

中野はSUUMO「住みたい街ランキング」で毎回上位に入る人気エリアで、アクセスの良さ、駅周辺の発展度合い、そしてその割に家賃が比較的安いことが評価されているようです。

家賃相場は、1K-1DKなら7.8万円、1LDK-2DKなら11.5万円となっています(不動産住宅サイト「スマイティ調べ」)。
安くはありませんが、都心ほど高くはないといった感じですね。そこそこ予算があり、なるべく都心に住みたいのであれば、オススメのエリアです。
もちろん、サブカル男子、女子であれば無条件でオススメですよ。

中野は子育てしやすい街を探している人、女性で一人暮らしの人におすすめ

子育て支援が充実していること、そして女性が一人でも楽しめる街であることから、子育てしやすい街を探している人、女性の一人暮らしにオススメしたいエリアです。
また、都心にほどよい近さなので、職場が東京の中心にある人にも住みやすい街だと言えるでしょう。

ただ、駅から離れてもやや騒々しい雰囲気があるので、静かな環境でゆっくり暮らしたいという人はあまり向いていないかもしれませんね。

中野の中古マンション相場

中野は東京の中でも人気エリアですが、相場は比較的落ち着いており、2,000万円台のリーズナブルな物件も多くあります。6,000万円を超えるような高級マンションの割合は少なく、3,000万円から5,000万円台の物件が多い印象です。
この1年間は大きな相場の変化はなく、安定して価格が推移しています。

不動産情報サイト「athome(アットホーム)中野区の価格相場から中古マンションの物件を探す【アットホーム】|マンション購入の情報」の内容を参考にして、間取り別の平均価格を紹介、解説します(2017年10月時点の価格)。

1R~1K

平均価格は2,000万円弱ほど。中野の特徴としてシングル向けの物件が多いことが挙げられ、1R~1Kの物件は700件を超えます。
1,000万円台から2,000万円台の中古マンションがメインですが、3,000万円を大きく超える物件もあり、自分の希望にあったマンションを探しやすい環境だと言えるでしょう。

1DK~2DK

1DK~2DKの価格推移は落ち着いており、2016年末から安定して2,800万円前後で推移しています。2,000万円以下の物件も多くあるので、駅からある程度離れると低予算でのマンション購入も可能です。
中野は1R~1Kから1DK~2DKの物件数がとくに多く、それはシングル層の需要が大きいことを反映しているのでしょう。

2LDK~3DK

価格はやや上昇傾向で、2017年10月時点で4,500万円程度。この間取りの物件も多く、やはり好みのマンションを探しやすい、購入しやすい環境だと言えます。

3LDK~4DK

3LDK~4DKの平均価格は5,000万円ほど。去年から下落傾向が続いており、600万円ほど安くなりました。
ただ、直近3ヵ月の価格は安定しているので、ここからどちらに推移するか注目です。

中野のショッピングスポット

中野はショッピングスポットが充実している街。オタク向けのお店だけでなく、老若男女が楽しめるお店も多数ありますよ。
有名なスポットをいくつかピックアップしました。

中野マルイ

レディスファッション、女性向けの雑貨を多数取り揃えており、常に女性客で賑わっています。カフェやレストランも多く入っているので、ちょっと休憩したいときに立ち寄ってみるのもアリですね。

中野セントラルパーク

参考URL:【公式】NAKANO CENTRAL PARK(中野セントラルパーク)

中野セントラルパークでは、大きな公園を取り囲むようにショップやレストランが出店しています。緑を楽しみながらのショッピングも楽しいですよ。晴れた日に行くのがおすすめです。

中野サンモール商店街

240m続くアーケード商店街の両脇には、流行に合わせたお店がズラリ。昔ながらの風景を保ちつつも、時代の流れに合わせて変化している中野サンモール商店街は一見の価値ありです。

アトレヴィ東中野

レストランやカフェに加えて、手作り総菜も販売されています。もちろん、ファッションや雑貨関係のショップも多数入っていますよ。

中野周辺の休日に過ごせるスポット

中野ブロードウェイ

参考URL:中野ブロードウェイ公式WEBサイト

中野ブロードウェイは、中野の顔ともいえる場所であり、オタクの聖地でもあります。マニアックな漫画や昭和を思い出すようなゲームセンターなど、年齢を問わず楽しめる場所として有名です。
ほぼ毎日通うようなツワモノもおり、あなたも何度も訪れているうちにその謎の魅力にとりつかれてしまうかもしれませんね。

中野周辺の大きな公園

中野には大きめの公園が2つあり、休日は家族連れやカップルでにぎわいます。

中野四季の森公園

参考URL:中野四季の森公園 | 中野区公式ホームページ

中野セントラルパークのほぼ中央に位置する公園で、広々とした開放感と、豊かな自然を楽しめます。広場には噴水も設置されており、子どもたちが夢中で遊んでいる姿を見ることもできますよ。
ショッピングに疲れたら、中野四季の森公園で一服していくといいでしょう。

平和の森公園

刑務所跡地に設置された公園で、サッカーや野球ができるスポーツ広場も用意されています。子どもたちの利用が優先ですが、空いている時間なら大人でも利用が可能。休日のちょっとした運動にもってこいの場所です。