• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産・住宅購入マニュアル > 家賃収入生活を成功させたい方必見! 事前にやるべき6個の準備

2018-04-02

家賃収入生活を成功させたい方必見! 事前にやるべき6個の準備

s-shutterstock_741385093


「不動産投資をして、家賃収入だけで暮らせたら……」そのように考えたことのある方は多いのではないでしょうか。家賃収入が毎月入ってくるイメージのある賃貸経営ですが、実際にはリスクもありますし、さまざまな費用もかかるもの。そうそう“おいしい”投資とは限らないのが実状です。

それでも、不動産投資にトライして家賃収入生活を実現したい! と考えるならば、その確率を少しでも高めるために必要な準備があります。まずは不動産投資に関するお金の基本的なことについて理解し、必要な準備を把握しましょう。

家賃収入だけで生活する夢を叶えたい

アパートやマンションなどの物件を購入し、賃貸経営で家賃収入を得る不動産投資。毎月家賃収入が入ってくれば、会社勤めをすることなく家賃収入だけで生活できるのではないか……そんな夢をもって不動産投資をスタートする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、不動産投資は、実際にはそれほど甘い世界ではありません。賃貸物件を買いさえすれば家賃収入が自動的に入ってくるというわけではないのです。家賃収入だけで生活するほど成功を収めるためには、まずはしっかりと現実を認識し、不動産投資の成功確率を上げるための準備を行いましょう。

家賃収入生活を成功させるためにやるべき6個の準備

不動産の知識を学ぶ

賃貸経営のベースとなるのは、家賃収入を得るための賃貸物件です。いい賃貸物件を手に入れるために、不動産に関する知識を理解しておきましょう。同様に、賃貸経営に関する勉強も必要です。

相場を調べる

賃貸物件をいくらで購入するのかという点は、賃貸経営における大きなキモの一つ。また、賃貸物件として貸し出す際には「家賃」の値付けをすることになります。そうした費用の相場を調べましょう。

なるべく多くの不動産を見る

賃貸物件を購入する前に、多くの物件を見てみましょう。賃貸物件のスペックを見るだけでなく、実際に物件を内見することで、不動産を見る目を養うことができます。

s-shutterstock_718219219

信頼できる不動産会社を探す

賃貸物件を購入したり、その後の管理をまかせたり、賃貸経営において不動産会社のパートナーシップは不可欠です。いろいろな不動産会社と話をして、信頼できる不動産会社を探しましょう。

不動産投資にかかる経費・税金を計算する

不動産投資には、さまざまな経費がかかるものです。こうした出費をきちんと把握しましょう。詳しくは次項でご説明します。

収支のシミュレーションをする

家賃収入という「収入」だけでなく、前述のような「出費」も含めて、現実的なシミュレーションをしておき、将来的なリスクをふまえても賃貸経営を続けていくことができるかどうか、考えておきましょう。

不動産投資にかかる経費を計算する

不動産投資においてまずかかる大きな費用は、物件の購入費用です。その購入だけを見ても、購入代金だけでなく、仲介手数料や契約書に貼る収入印紙代、登記費用などが合わせて発生。物件を購入すれば、不動産取得税や固定資産税、都市計画税などの税金も課税されます。

物件購入後、賃貸物件として貸し出せるようにするには、壁紙や設備を新調するリフォーム費用、入居者を募集するための広告費などをかけた準備が必要です。物件維持のためには、不動産会社に管理を委託する場合の管理委託費や、建物の維持管理費用なども用意しておかなければなりません。

そして、無事家賃収入を得られるようになったら、その額に応じて所得税や住民税が課税されます。このように、不動産投資には実に多くの費用がかかるものなのです。これらの出費のタイミングと金額を計算してシミュレーションし、最終的にプラスが生じるようにしていく必要があります。

おわりに

家賃収入だけで生活できるようになる、そのハードルは決して低くありません。しかし、絶対に不可能であると言い切ることもできません。不動産投資で多額の利益を上げている成功事例ももちろんあります。家賃収入生活を実現したいと強く思うのであれば、必要なのは努力です。

不動産や賃貸経営について学んだり多くの物件を見ることで、賃貸物件に適した物件を選ぶ選択眼を養い、賃貸経営に必要な費用を詳しく計算して家賃収入とシミュレーションして実際の収支を想定するなどして準備することは、家賃収入生活を目指した不動産投資の現実的なスタートになるでしょう。