• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > お金・制度 > 不動産の任意売却とは?競売との違いや任意売却をするメリットとデメリットを解説

2018-01-24

不動産の任意売却とは?競売との違いや任意売却をするメリットとデメリットを解説

shutterstock_195873761


憧れのマイホームを手に入れたのに、経済が安定せず収入が減り、住宅ローンの支払いで首が回らない…なんて方は少なくありませんよね。

もしかしたら、この記事を読んでいる方の中には、すでに住宅を手放すことを決めた方もいらっしゃるかもしれません。

住宅ローンの支払いが滞ってしまい、せっかく手に入れたマイホームを手放さなくてはいけないこと自体、とても悲しいですよね。ただ、その状態のまま放っておいてしまうと、競売(けいばい)にかけられてしまいます。

競売にかけられてしまうと、一般的に周辺の市場価格よりも安い金額で売られてしまいますので、現金化したにもかかわらず、予想していた金額を下回ってしまうケースもあります。

それを避けるためにも、「任意売却」をしましょう。もし、今どうしたらいいのか迷っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ぜひこの記事を参考にしてください。

shutterstock_373266265

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローン支払いが不可能になった不動産を市場取引で売却し、その売れた金額をローン残高の返済に充填するという手続きのことです。

競売とは異なり、一般市場での取引となりますので、周辺地域の市場価格を下回って叩き売られてしまうことは少ないのが特徴です。

任意売却をするメリット

競売にかけられてしまう前に任意売却を選択することをオススメしましたが、それにはいかのようなメリットがあるからです。

競売よりも適切な高い価格で取引できる

先にも書きましたが、競売は比較的買い叩かれてしまうケースが多く、結果現金化できた分が少ない…ということも起きます。

任意売却であれば、一般的な住居売却とかわりありませんので、その心配をしなくて済みます。

高い金額で売れれば売れるほど、ローン残高に当てられる金額は増えますので後の事を考えても任意売却のほうが良いですよね。

債権者との残債務交渉ができる

自宅を売却することで借金返済を行った後に残る残債務(ローンの残り)の返済条件を有利にすることができる場合があります。

遅延損害金の残債務が免除になったり、競売を選択してしまうよりも有利な返済条件を取り付けることができるのもメリットです。

shutterstock_323888936

任意売却をするデメリット

競売に比べて、メリットばかりが目立つ任意売却ですが、デメリットも残念ながら存在します。

自分で不動産会社に依頼しなくてはならない

住宅ローンの返済が滞ったまま放っておけば、そのまま競売にかけられることになりますが、任意売却をするのであばれ自分で不動産会社に相談して手続きをしなくてはいけません。

ご近所にバレてしまう

自宅を手放してお引っ越しをするという時点である程度周辺にバレてしまいますが、もし任意売却に出してご近所の方がその住宅に興味を持って見に来た場合、ご自身の経済状況による任意売却だということはバレてしまうでしょう。

ローン支払い困難に陥らないように無理のない返済計画を立てよう

ここまで任意売却のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、やはり突発的な経済的打撃を受けてしまったのではない限り、基本は無理のない返済計画を当初から行うに越したことはありません。

自分の身の丈にあっていない住居を購入し、ジリジリと破綻の日をむかえるよりも、精神的にも安定して支払いを続けられるような物件を購入するようにしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。住宅ローンを滞納していると、公的に競売にかけられてマイホームは悲しいくらい安い価格で売られてしまう運命となります。

それよりは、気持ちの整理をした上で、一般の市場価格で住宅を売却したほうが心の傷も浅いものです。

任意売却に踏み切ると決めたら、一刻も早く不動産業者に相談し、どの程度の金額での売却が可能なのか知っておきましょう。

任意売却のデメリットはいくつかあるとはいえ、競売にかけられることに比べたら小さなものです。まずはこの記事を参考に、不動産業者に相談してみてくださいね。