• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 景色は抜群だけど面倒くさい? タワーマンション上層階に住むメリット・デメリット

2017-09-13

景色は抜群だけど面倒くさい? タワーマンション上層階に住むメリット・デメリット

01


一度は住んでみたい憧れの住宅に挙げられることも多く、住むことが一種のステータスともなるのが、タワーマンション上層階の物件です。すばらしい眺望、充実した共用設備といった豪華なスペックを誇るタワーマンション上層階に人気が集まるのもうなずけるところ。

しかし、そんなタワーマンション上層階も、実際に住むとなればメリットばかりではありません。高額なタワーマンション上層階をせっかく購入したのに、住んでから後悔することのないよう、タワーマンション上層階に住むことの利点と短所を理解しておく必要があります。

タワーマンション上層階に住むという憧れ

東京の都心部や日本各地の大都市を中心に建設されるタワーマンションは、都市部ならではの利便性という基本的なポイントをおさえながら、住まいから眺められるすばらしい景色や、商業施設やラウンジといった共用設備の充実といったように、多くの付加価値をもつ物件です。

そのタワーマンションのなかでも上層階に住むことは、もはや一種のステータスともなっています。タワーマンション上層階に住む方がそのことを強く実感するのは、マンションのエレベーターで、同乗するほかの方の目の前で、住んでいる階数のボタンを押すときだとか。上層階に住むことで魅力が増すタワーマンションは、憧れの住まいなのです。

そのようなタワーマンション上層階の住まいには、もちろんメリットもありますが、同時にデメリットもある点に注意が必要です。

タワーマンション上層階に住むメリット

景色が抜群にいい

タワーマンション上層階であれば視界を遮るような建物はなく、窓からは見晴らしのいい景色が広がるでしょう。外から見られる心配もなく、カーテンを開けっ放しにして眺望を楽しむことができます。

害虫が出にくい

タワーマンションの上層階ともなれば害虫の侵入が困難であり、虫が出にくい環境といえます。季節や時間を問わず気兼ねなく換気でき、虫対策などに気を遣うことも少なくなるでしょう。

防犯面で安心

建物の周辺が明るく、24時間の防犯体制が整っていることの多いタワーマンションでは、セキュリティ面でも安心できるシーンが多いはずです。ただし、上層階とはいえ空き巣や不審者の侵入がないとは限りませんので、戸締まりは忘れずに。

窓を開けると心地いい風が入ってくる

高度のある上層階は風通しがよく、窓を開ければ心地いい風を部屋に入れることができます。夏場はヒートアイランド現象の影響を受けることも少なく、涼しく保ちやすいというのも特徴です。

02

タワーマンション上層階に住むデメリット

昇り降りが面倒

ちょっとした買い物に行くのでも何十階も移動しなければならないタワーマンション上層階は、昇り降りが面倒になりがちです。共用フロアに商業施設が整っているマンションでは、マンションの外へ出かけるのが億劫になることも。

エレベーターがなかなか来ない

大きいタワーマンションではエレベーターは数台設置されていることが大半ですが、それでも通勤・通学時間帯などでレベーターが混み合えば待ち時間が増えます。このことも、前述の「昇り降りが面倒」に拍車をかける理由の一つです。

災害時の避難の負担が大きい

タワーマンションでは、災害が発生した場合にエレベーターが止まってしまうことが少なくありません。地震が起こると上層階では揺れも大きく、階段での避難は負担が大きくなります。停電の復旧が遅れれば、階段での移動が数日続くこともあるのです。

外に洗濯物を干しにくい

風通しのよさの裏返しでもありますが、上層階では風が強いため、バルコニーに物を置いたり洗濯物を干すと飛んでしまう危険があります。そのため、そうした行為が禁止されていたり、現実的に困難なことが多いのです。

デメリットもふまえてタワーマンション上層階に住むか判断しよう

眺望のよさなどイメージしやすい利点に対して、移動の面倒さやエレベーターの待ち時間が長いといったような、タワーマンション上層階に住むデメリットは、住んでみて初めてわかることが多く、それだけ生活のなかで不便を感じやすいということでもあります。ほかにも、管理費が高いといったデメリットも。

華やかな魅力の裏に、影も潜むタワーマンション上層階での居住を考えるならば、メリットとデメリットの両面を理解したうえで判断しましょう。

おわりに

どのような物件にも、メリットもあればデメリットもあるもの。タワーマンション上層階も例外ではありません。ポイントは、後悔しない物件選びをすること。デメリットを知らずに入居して、あとで悔やむといったことは避けたいものです。