• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > コラム > 24時間換気システムの仕組みと種類ごとのメリット・デメリット

2018-04-25

24時間換気システムの仕組みと種類ごとのメリット・デメリット

1


賃貸物件を探して物件情報を見たことがある方なら、「24時間換気システム」という言葉を目にしたことがあるでしょう。2003年の建築基準法改正を受けて、それ以降に新築された賃貸住宅には24時間換気システムの設置が義務づけられたことから、24時間換気システムが備わった物件が増えているのです。

この24時間換気システムとは、どういう仕組みで換気しているのでしょうか。また、24時間稼働する換気システムということで、電気代はどうなるのでしょうか。24時間換気システムの仕組みと、3種類ある換気方式の違いなどについてご紹介します。

24時間換気システムとは?

24時間換気システムとは、強制的に室内の空気を入れ替える機能をもつ換気設備を指します。現代の住宅は高気密・高断熱化し、その恩恵を受けられるようになっていますが、その反面、建築資材などに含まれる化学物質からアレルギー症状やシックハウス症候群を引き起こしてしまうケースも増加しています。

そこで、2003年の建築基準法改正で、それ以降の新築物件に対して24時間換気システムの設置が義務づけられたのです。24時間換気システムが設置されている物件では、「換気をOFFにしないでください」といった注意書きがあることもあります。

24時間換気システムは、アレルギー症状やシックハウス症候群に対しては非常に有効ですが、常に電気機器がまわっている状態であるため電気代などのランニングコストがかかります。加えて、冷暖房効率が悪くなったり、フィルターの定期メンテナンスが必要になったりすることもあるといったデメリットもあります。

2

24時間換気システムの種類

24時間換気システムは、外の空気を室内に取り込む「給気」と、室内の空気を外に排出する「排気」の方式によって、次の3種類に分かれます。

第1種換気システム

空気の給気と排気の両方を、ファンで強制的に行う換気方式です。空気の取り込みにも排出にも機械を使うことで3種類のなかで最も安定して正確に換気を行うことができるとされる方式です。給気時の押し出す力や排気時の吸い出す力がかからないため、気密性の高い住宅でもドアが開けにくくなるようなことはありません。

デメリットは、初期費用・維持費用ともに高コストであること。入居者の立場で気になるのはランニングコストですが、ファンが2つあるこの方式では消費電力も2倍になります。

第2種換気システム

空気の給気はファンで強制的に行いますが、排気はファンを使わず、室内の排気口から自然排出する方式です。室内の空気は、ファンで取り込まれた外の空気の押し出す力によって、排気口から自然に出ていく仕組みです。この方式は、一般住宅で使われることはほとんどありません。

第3種換気システム

第2種換気システムと反対に、給気は室内の給気口から自然に行いますが、排気はファンを使って強制的に行います。室内の空気がファンで強制的に排出されると、その差圧で給気口から外の空気が取り込まれます。

最も安価で、第1種に比べてランニングコストもおさえることができるため、マンション物件の多くでこの方式が採用されています。

しかし、外の空気をそのまま取り込むため、PM2.5などの屋外の汚染物質も室内に入ってしまいます。また冷暖房効率が非常に悪く、「夏は暑いし冬は寒い」と言われてしまうことも。

快適な暮らしに換気システムは欠かせない

室内の空気は、実は意外と汚れがちなものです。その筆頭が、人間が呼吸して吐き出す二酸化炭素でしょう。キッチンで料理をすれば、燃えかすやにおい成分などが部屋を漂うことになります。換気をしなければ、こうした空気が室内に止まることになります。

そうならないよう、汚れた空気を排出して新鮮な空気を取り入れるためには、換気システムが欠かせません。住宅も高気密化し、共働きなどで日中換気する時間がとれない家庭が増えている今、24時間換気システムの存在は快適な暮らしに不可欠の存在なのです。

おわりに

マンションを賃貸で借りる入居者にとっては、24時間換気システムの種類を自分で選ぶということはほぼないかもしれません。しかし、その仕組みを理解しておくことで、どのような影響が起こる可能性があるかをあらかじめ想定しやすくなります。そして大切なことは、必要なメンテナンスを忘れず、24時間換気システムを正しく使うということでしょう。

(川口十子)