• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 【Aさん家族シリーズ】中古マンション編 > 不動産会社で明暗が…リフォーム前の中古マンション購入で大切な不動産屋探しについて

2019-01-10

不動産会社で明暗が…リフォーム前の中古マンション購入で大切な不動産屋探しについて

shutterstock_664610401


リフォームされていない中古マンションを安く購入し、自分たちでリフォームして住みたいと考えているAさん家族ですが、中古マンションの物件を探すのは今回が初めて。しかも「リフォーム前の物件」という条件があるため、どのように探せばいいか戸惑っています。

そこでAさんは、賃貸物件を探したときのように、まずは不動産会社で物件探しをしてみようと考えました。リフォーム前の中古マンションを探すにあたっては、どのような不動産会社を選べばいいのでしょうか。大切なポイントの一つである“不動産屋さん探し”について考えてみましょう。

優良な不動産屋さんの特徴

中古マンションをオーナーが直接売りに出している場合、購入者は基本的にオーナーと直接契約を結んで購入します。一方で、オーナーが売却を不動産会社に委託している物件は、不動産会社の仲介のもとで売買契約を結び、物件を購入することになります。

また、不動産会社が物件オーナーとなって物件を売りに出しているケースもあり、そうした場合もまた不動産会社との取り引きが必要になります。このように、中古マンションの購入において、不動産会社とやりとりが発生することは少なくありません。

日本全国には数多くの不動産会社があり、中古マンションの取り引きを得意としているところもあればそうでないところもあります。さらに、誠実な対応をしてくれる会社もあれば、会社の利益を優先する会社や対応のいい加減な会社もあるものです。

そうしたなかから信頼できる不動産会社を選ぶためには、店内が整理整頓されていること、スタッフの服装や言葉遣いがきちんとしたものであること、話をじっくり聞いて相談に乗ってくれること、判断を無理に急かしたり強引に決めようとしたりしないこと、といった点を中心にチェックしてみましょう。

大手か地場か…不動産屋さんの選択のポイント

不動産会社に行こうと思ったとき、テレビCMなどでも有名な大手チェーンの不動産会社に行くか、地元で長年営業してきたような地元の“不動産屋さん”に行くか、迷うという方も多いのではないでしょうか。

大手の不動産会社は営業範囲が広いため、大きいネットワークがあります。物件探しの網を広範囲に広げやすいというのは、大手の不動産会社ならではの利点でしょう。範囲の広さや物件の情報量の多さでは、地域の不動産会社はどうしても大手の不動産会社に一歩劣りがちです。

とはいえ、大手の不動産会社は展開規模が広い分、特定の地域に対する知識やネットワークはそれほど深くないということも。その点でいえば、地域に密着した地元の不動産会社に一日の長があります。物件を探すエリアが絞られている、一般には出回らない“掘り出し物”を探したいという場合には、地域の不動産会社が適しているでしょう。

大手の不動産会社も、地域密着の不動産会社も、それぞれメリットもあればデメリットもあり、不動産屋探しに正解はありません。ご自身のニーズや状況に応じて、どちらを選ぶか、あるいは両方相談してみるか、検討しましょう。

shutterstock_761493322

営業トークで騙されないためにも! キーワードとなる「瑕疵担保免責」について

中古マンションの物件探しをしていると、「瑕疵担保責任免責」という言葉を見かけることがあります。これは、中古マンションの物件を購入するなら、きちんと理解しておきたいキーワードです。

そもそも「瑕疵担保責任」とは、買い主が注意していたにもかかわらず確認できなかったような欠陥が、購入してから見つかった場合、売り主は補修や損害賠償、場合によっては契約解除などにも応じる義務を負うというものです。

売り主が瑕疵担保責任を負う期間は法律で決められていますが、その期間によらず「この売買契約においては、瑕疵担保責任を負わない」という条件で売買するのが「瑕疵担保責任免責」です。

中古物件は老朽化が進み、オーナーでも把握しきれないような劣化が起きていることもあります。そうした状況で瑕疵担保責任を負うのは売り主にとっては大きい負担になるため、瑕疵担保責任を負わないという条件で売りに出すのです。

おわりに

マイホームの購入は、人生に何度とない大きな買い物です。不動産の知識に明るくないAさん家族のようなケースでは、不動産会社は物件探しの心強い味方になり得る存在です。しかし、そのためには、信頼できる不動産屋探しが不可欠です。

また、リフォーム前の中古マンションを探すなかでは、瑕疵担保責任免責という条件がついている物件を見ることも珍しくありません。巧みな営業トークに乗せられてあとで困ることのないよう、この点は忘れずに確認しておきましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます