• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 【Aさん家族シリーズ】中古マンション編 > 物件購入…その前に! リフォーム前中古マンションの購入時に必要な住宅ローン事前審査とリフォームローンについて

2019-01-10

物件購入…その前に! リフォーム前中古マンションの購入時に必要な住宅ローン事前審査とリフォームローンについて

shutterstock_548505652


リフォーム前の中古マンションを買って、好みに合わせたリフォーム・リノベーションを行った家に暮らす…。そうした形でのマイホームの購入に向けて、Aさん家族は物件探しに勤しむ日々を過ごしています。

住宅を購入する際には「住宅ローン」を借り入れて支払うのが一般的ですが、中古マンションを購入してリフォーム・リノベーションを行うにあたっては、住宅ローン以外にもリフォームローンの借り入れが必要となることもあります。リフォームローンとは、どのようなものなのでしょうか。

住宅ローンの事前審査と審査に必要なものについて

住宅ローンの借り入れを希望する場合、融資を受けることができるかどうかの「審査」を受けることになります。この審査には、「事前審査」と「本審査」の2段階があります。

事前審査とは、物件の購入や住宅ローンの借り入れの正式な申し込み・契約締結を行う前に、住宅ローンを借りられるかどうかをある程度判断するための審査です。

事前審査を受ける際は、物件の概要がわかる書類、運転免許証などの本人確認書類、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類、住民票といった書類を、審査申込書と合わせて提出します。

事前審査は、早ければ1日から2日程度、平均1週間程度で結果が通知されるのが一般的です。ただし、中古マンションを購入する場合の審査は、新築住宅の場合よりも時間がかかることがあります。中古物件の場合は、借り入れる方の年収や勤務状況に加えて、購入する物件の担保価値も厳しく審査されることになるためです。

知っておきたい買付優先と契約優先について

いい物件が見つかったらすぐに購入したいと考えているAさん家族ですが、中古マンションの人気物件には多くの買い手が集まり、購入の申し込みが“競争”になることも珍しくありません。同時期に複数の購入申し込みがあった場合はどうなるのでしょうか。

ある一つの物件に対して複数の購入希望が入った場合、売買取引の優先権がどうなるのかというルールを定めた法律などはありません。一般的には、いち早く買付証明書を提出するなどして購入の申し込みを行った方が優先されるケースが多く、この考え方を「買付優先(申込優先)」といいます。

もう一つ、優先する購入者を決める際の考え方として採用されることが多いのが「契約優先(手付優先)」です。契約優先では、買付証明書の提出タイミングにかかわらず、売買契約の締結や手付金の支払いなどを早く進めることができるという方が優先されます。

shutterstock_151738160

リフォームローンについて

中古マンションなどの物件を購入する際には、売り主に対して購入費用を支払う必要があり、住宅ローンを借り入れて支払いに充てるケースが大半です。さらに、中古マンションを購入してリフォームやリノベーションを実施する場合には、リフォーム・リノベーション費用も支払うことになります。

住宅ローンの借り入れでリフォーム費用まですべて支払えればいいのですが、リフォーム費用が高額であったり、物件の担保価値が低いなどの理由で住宅ローンの借り入れ額が希望に満たなかったりすると、住宅ローンだけではリフォーム・リノベーション費用までまかなうことができないケースもあります。

その場合には、リフォームローンを借り入れて支払うことになります。リフォームローンは、借り入れに担保が必要な「担保型」だけでなく、無担保で借りることができる「無担保型」もありますが、一般的な住宅ローンに比べると金利が高く、返済期間も10年から15年と短めである点には注意が必要です。

おわりに

リフォーム・リノベーションが施されていないリフォーム前の中古マンション物件は意外と少ないものです。そのなかからさらに絞り込み、希望する条件に合う物件を見つけることができたら、ほっと一安心するのではないでしょうか。

しかし、いい物件はほかの購入希望者との“競争”が起こりがちです。そこで一歩先んじて物件の購入を先へ進めるためには、売り主に対して購入の申し込みを表明し、住宅ローンの事前審査を受けることが大切です。

さらに、必要に応じてリフォームローンの借り入れも検討する必要があります。資金計画に不安や悩みをもっている方は、不動産会社や金融機関などに相談してみるといいでしょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます