• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 見学するなら迷わず「仲介会社で見学」を!不動産業界の仕組みを理解して、納得のいく物件購入をしよう。

2019-04-03

見学するなら迷わず「仲介会社で見学」を!不動産業界の仕組みを理解して、納得のいく物件購入をしよう。

shutterstock_271485335


中古の戸建てやマンションなどの住宅は、個人が売り主となっているケースも多いものです。個人どうしの売買であれば仲介手数料はかかりません。

物件探しで不動産会社に問い合わせすると、そのあと営業の連絡が多くなるのに困ることや、営業担当者になんと返事すればいいか迷うこともありますよね。

実は、不動産会社などの仲介を通して物件見学や売買を進めることでメリットがあるのを知っていますか?

仲介会社のほうが値引き可能な場合がある!?

注文住宅以外の新築住宅は、基本的に不動産会社やデベロッパーが建設・販売。中古の戸建て住宅や中古マンションは、個人が売り主となっていることが多いです。

仲介手数料のシステム

住宅のオーナーが売り主となって物件の見学対応や売買契約などを直接進める場合には、不動産会社の仲介は発生しないため、仲介手数料が発生することはありません。

一方で、売り主と買い主の間に不動産会社などが入って取り引きを仲介する場合は、仲介した不動産会社に対して仲介手数料を支払う必要があります。

こうしたことから、中古住宅の物件探しの際に仲介が発生しない物件を選ぼうとすることがよくあります。ところが、不動産会社の仲介を受ける物件であっても、購入費用をおさえられる方法があるのです。

諸費用を抑えるなら仲介手数料無料の会社を選ぶ

仲介手数料を無料にしている不動産会社の仲介物件を選ぶことです。難しい契約手続きなどを自分で対応する必要もなく、購入費用も安くできるとなれば、仲介会社をぜひ利用したいと考える方は多いのではないでしょうか。

仲介手数料無料は特別なことではない!?

「仲介手数料無料の仲介会社はそう多くはないのではないか」「仲介手数料が無料といわれてもかえって不安」と感じるかもしれません。しかし、仲介手数料無料は、決して特別なことではないです。

そもそも仲介手数料というのは、「この金額までは手数料を請求してよい」という上限額が定められているだけで、その上限より安くすることや無料にすることは、法律上まったく問題がありません。

両手取引

不動産の仲介形態として、ある1社の不動産会社が売り主と買い主の間に入って契約を仲介する「両手取引」では、不動産会社は売り主と買い主の両方に仲介手数料を請求することができます。

つまり不動産会社が買い主を集めるために「買い主の方には仲介手数料を無料にします」としても、その裏で売り主から仲介手数料をもらえれば、不動産会社としては利益を出すことができます。

仲介手数料無料は決して怪しくない

仲介手数料無料というのは不当な値引きというわけではなく、仲介手数料無料だからといって不安に感じる必要はありません。

shutterstock_452262112

不動産会社への賢い受け答えについて

「この中古物件、気になるな」「1回見学してみたいな」と思ったときに、不動産会社へ連絡するのをためらってしまう理由として、仲介手数料のほかに「不動産会社とのやりとりが不安だから」というものもあります。

そういう場合に特に気になるのが、物件を見学したあと、不動産会社の営業担当者に自分の考えをどう伝えればいいかということでしょう。不動産会社との受け答えはどのようにするのがいいのでしょうか。

受け答えのポイント

「見学した物件がとても気に入ったものの、今すぐ『購入します』とは即決できない」という場合には、即決できない理由を伝えて、いつまで返事を待ってもらえるか相談してみましょう。

反対に「この物件はちょっと…」と思ったら、どのような点が希望に合わなかったか正直に伝えたほうが、そのあとの物件紹介のマッチングを高めることができます。

おわりに

中古の戸建て住宅や中古マンションをなるべく安く買いたいと思ったら、不動産会社などの仲介会社が入らない物件を探そうと考えがちですが、仲介会社が入ることでメリットがあることもあります。

不動産会社との受け答えも、ポイントをおさえればあとは正直に伝えて問題ありません。上から目線で意見を伝えるのはよくありませんが、必要以上に遠慮する必要もないのです。

中古物件の購入を考えるなら、まず不動産の取引形態や仲介手数料の仕組みについて理解しておくと、そのあとのやりとりがスムーズに進むでしょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます