• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > お金・制度 > 新築一戸建ての仲介手数料はいくらかかる?無料にする方法は?

2019-10-26

最終更新日:2019-10-26

新築一戸建ての仲介手数料はいくらかかる?無料にする方法は?

shutterstock_375747523


  • そもそも仲介手数料とは?
  • 仲介手数料の仕組みって?
  • 仲介手数料をゼロにできるの?

新築一戸建ての購入にはさまざまなお金が必要になってきます。物件の購入費用はもちろん、保険料や家具をそろえる費用など、いろいろと物入りになってしまうことでしょう。

特に、仲介手数料は費用がかかってしまいがちです。この仲介手数料を安くする方法はないのでしょうか? 確認していきましょう!

新築一戸建て購入にかかる仲介手数料とは?

新築一戸建てにかかる仲介手数料のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 仲介手数料は不動産業者に支払うお金
  • おさえておきたい仕組みは2点

上記の基礎的なポイントをおさえて、仲介手数料を無料にできないかを確認していきましょう。

仲介手数料は不動産業者に支払うお金

新築一戸建てを購入する場合、不動産業者を通して購入することが多いでしょう。

不動産業者は買手であるあなたの代わりに不動産情報を集めてくれたり事務的手続きを手伝ったりしてくれます。

仲介手数料とは、これらの仲介業務に対する感謝の意味をこめて支払うお金のことです。売買契約が成立した時点で不動産業者に支払いをします。

おさえておきたい仕組みは2点

新築一戸建ての仲介手数料の仕組みでおさえておきたい点は2つあります。

  • 仲介手数料は成功報酬!
  • 上限は法律によって決められている!

実は、仲介手数料は成功報酬です。売買契約が成立したときにのみ支払い義務が発生します。

たとえば、買手であるあなたが、一戸建て購入の仲介を不動産業者に依頼したとしましょう。しかし、紹介してもらった物件のどれもが希望とは異なり、物件購入には至りませんでした。この場合は、仲介手数料は支払う必要はありません。

また、仲介手数料は不動産業者が無尽蔵に請求して良いものではありません。法律により上限金額が決まっていてそれ以上のお金を請求できません

目安金額は計算可能

仲介手数料はいくら支払わなくてはいけない! といったことは法律では決められていません。しかし、これ以上の金額を請求してはいけないという上限金額は設定されていて、下記の計算式で算出可能です。

(取引金額 × 3% + 6万円) + 消費税 = 仲介手数料

不動産業者の多くは、この上限金額を仲介手数料として請求する傾向にあります。ですから、あらかじめおおよその金額を計算しておきましょう!

仲介手数料は値切ったり無料にしたりすることはできるの?

仲介手数料は法律によって上限金額は設定されています。しかし、下限金額は設定されていません。ですから理論上は無料にすることもできます

ただし、不動産業者の収入源の大半は「仲介手数料」で成り立っています。そのため、あまりに安くしてしまうと不動産業者の不利益になってしまいます。この点を踏まえた上で、値切りの伝え方などを確認していきましょう!

不動産業者への値切りの伝え方

仲介手数料を少しでも安くしたいのならば、不動産業者にお願いをすることになります。ただし、むやみやたらに安くしてほしいといえば、相手の心証を悪くしてしまう可能性も。

値切りの希望を伝える上で、タイミングというものは大切になります。たとえば、仲介をお願いした序盤や中盤で値切りの話を切り出すと、面倒な人という印象を持たれてしまう可能性があるのです。

「仲介手数料を安くされてしまったから」などと考えて、熱心に物件探しをしてくれないこともあります。

不動産業者に値切りを伝えるならば、終盤のタイミングがベストです!

購入したい物件が決まったところで「もしも仲介手数料などがあと少し安くなれば購入できるんだけど……」と悩むそぶりを見せてください。そうすれば、不動産業者としては売買契約を早く成立させたい気持ちがありますから、値引きをしてくれる可能性が高いのです!

仲介手数料無料の業者も存在する

仲介手数料は値切って安くすることもできます。しかし、なかには値切りを難しく感じる方もいるでしょう。

そのような方は、「仲介手数料無料」の不動産業者があるので、そのような業者に仲介をお願いして一戸建てを購入するのも一つの手です。

一都三県の物件探し・価格交渉ならスターフォレストにおまかせ

完全無料でご相談可能
ご希望の物件を紹介します

仲介手数料無料の業者はあやしい? デメリットは?

仲介手数料無料の業者は、不動産の売手からのみ仲介手数料を取ったり、宣伝費を節約するなどして、手数料無料を実現しています。

ただし、なかには悪質な業者も存在しているので注意が必要です。表向きは仲介手数料を無料にしていながら、書類作成費などの名目で仲介手数料をしっかりと請求されることがあります。

請求書に「事務手数料」「事務代行費」「物件調査費」「諸経費」などよくわからない費用項目があるのなら注意が必要です。

安心できる 仲介手数料無料の業者はあるの?

仲介手数料無料の業者の中には、良心的な業者がある一方で、悪質な業者もひそんでいます。

この2つの業者の見分け方としては、HPなどを参照することが大切です。良心的な業者は、仲介手数料を無料にできる理由をしっかりとHP上に明記しています

たとえば、仲介手数料無料の不動産会社で人気の「スターフォレスト」は、経費削減の工夫によって仲介手数料無料が実現できていることを根拠となる数字などをあげてホームページに記載しています。

逆に、経費削減努力をしていないように見えるのに、仲介手数料無料を謳っている業者には注意が必要だといえるでしょう!

仲介手数料を支払う時期や分割について

shutterstock_1204822924

仲介手数料が無料ではない場合、支払のタイミングはいつになるのでしょうか? 確認しておきましょう。

支払い時期やタイミングは2回ある!

仲介手数料は、基本的に2回にわけて支払います。新築一戸建ての購入が決まったら、売買契約をします。この際に、売主には「手付金」を、不動産業者には「仲介手数料の半額」をそれぞれ支払うのです。

残りの半分は、住宅ローンの手続きを行い、物件引渡しとなるタイミングで支払います。

支払い方としては基本的に現金か振込で支払うことになります。ただし、振込では手数料がかかるので現金で受け取る不動産業者が多いようです。

一括で払えないときは分割もできる?

仲介手数料は基本的に一括で支払わなくてはなりません。しかし、不動産業者の中には、分割払いやボーナス一括払いに対応しているところもあります。ですから、お金が足りない場合は不動産業者に相談してみましょう。

ただし、分割で支払う場合はその分の手数料などを請求されてしまうこともあり、最終的に支払うお金の総額が一括の場合よりも高くなる可能性もあります。

また、仲介手数料を含めたお金を住宅ローンで借りて支払いをするのも一つの手です。

おわりに 仲介手数料は無料にできることもある

仲介手数料とは、物件を購入できたときに不動産業者に支払う成功報酬のことです。金額は法律によって上限が決められていますが、高額になることが多いといえます。

不動産業者の中には、営業努力などによって仲介手数料を無料にしている業者もありますし、交渉によっては値下げをしてくれる可能性もあります。

ただし、仲介手数料は不動産業者の大きな収入源の一つです。過度な値引きをしてしまうと不動産業者に不利益を与えてしまう可能性もあるので注意しておきましょう!


最終更新日:2019-10-26

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます