• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > ビルオーナーになりたい方必見!オフィスビルを購入する際に考えるべきメリット・デメリット

2019-09-27

最終更新日:2019-09-27

ビルオーナーになりたい方必見!オフィスビルを購入する際に考えるべきメリット・デメリット

buy-merit-demerit


  • ビルオーナーって?
  • ビルオーナーにはどうすればなれるの? 必要資格は?
  • お金はどれくらい必要なの?

本記事では、ビルオーナーになりたい人が悩みがちな上記のような疑問にお答えしていきます!

最近は投資目的で不動産を購入する人が増えてきていますね。不動産投資と言えばマンションというイメージがありますが、近年では個人でオフィスビルを購入するケースも増えてきています。

今回は、オフィスビル購入にあたってのメリット・デメリットについて解説していきます。不動産投資はそれなりのリスクがあるものですから、しっかりそれらを把握してからチャレンジしましょう。

ビルオーナーになるためのポイントとは?

ビルオーナーになるためのポイントは以下の3つです。

  • ビルオーナーとはオフィスビルを管理する大家さんのこと
  • ビルオーナーになるのに必要資格は存在しない!
  • 必要資金は100万円が目安!

詳しく確認していきましょう!

ビルオーナーとはオフィスビルを管理する大家さんのこと

ビルオーナーとは、オフィスビルを管理する大家のことです。オフィスビルとは、一般的に店舗や事務所などのテナントが入居するビルです。

オフィスビルは、一般マンションに比べて高利回りが期待できます。加えて、オフィスビルは、ビル全体を所有するのではなく、一部屋単位からの購入も可能なので、個人単位での投資がしやすい点から人気を集めています。

ビルオーナーになるのに必要資格は存在しない!

ビルのオーナーをはじめとする不動産の大家になるために必要な資格は存在しません。不動産投資に関する資格である「宅建」や資産運用に関するであるFP(ファイナンシャルプランナー)などを取得しておけば、ビルオーナーになったときに役立つことはあります。

しかし、これらの資格を持っておけば不動産投資が確実に成功するわけではありません。ビルオーナーになるならば、税金や確定申告に関する基本的な知識をしっかりとつけておけば十分といえるでしょう。

誰でもやりたいと思ったら挑戦できるのがビルオーナーなのです。

必要資金は100万円が目安!

ビルオーナーになるには、まずはビルを購入しなくてはなりません。この費用がかなりかかってくるのではないかと不安になっている方も多いでしょう。

しかし、ビルの購入にもローンを使うことができます。ですから、1000万円程度の不動産でも、5%程度の頭金を準備できれば購入することが可能です。1000万円の5%は50万円であり、ここにローン使用のための経費や保険料といった費用50万円程度がプラスされ、100万円程度となります。

100万円をまずは準備できればビルオーナーになることができるのです。

オフィスビル購入のメリット

shutterstock_439436296
shutterstock_439436296

次にオフィスビル購入のメリットについて見ていきましょう。住宅系の不動産にはないメリットを中心に挙げていきますね。

利回りが高い

これは上述しましたが、とても重要なポイントなのでもう一度挙げておきます。投資先を決定するにあたり、利回りは必ず判断基準の中に入ってきます。当然、利回りが高いほうが利益を得られる確率が高く、魅力的な不動産ということになります。

また、賃料単価が住宅系に比べて高いことも忘れてはならない大きなメリットです。これも利回りの高さに直結する大切なポイントです。

現状回復の費用が不要な場合が多い

不動産投資のご相談・物件選びはスターフォレストにおまかせ

完全無料でご相談可能
ご希望の物件を紹介します

マンションやアパートでは、現状回復の費用は基本的にオーナーが負担することになります。もちろん、住民の故意や過失により設備を破壊したり、消耗させた場合はその限りではありません。

対して、テナントや事務所として利用した場合は、借り手が現状回復の費用、手間を負担するのが一般的です。

借りた時点の状態に戻して退去することを「スケルトン渡し」と言いますが、このスケルトン渡しがオフィスビルの賃借においては基本となっているのですね。

居住者のトラブルが少ない

オフィスビルは居住向けのマンションに比べて住人のトラブルが少ない傾向にあります。入居者はほとんどが法人ですから、家賃を滞納されることもほとんどないのです。

さらに、居住向けのマンションの場合は、騒音など住人間のトラブルが少なくありません。そのようなクレームなどに対処していく必要が出てくるのです。しかし、オフィスビルでは、騒音といった入居者の間でのトラブルもほとんどありません。

オフィスビル購入のデメリット

不動産投資をする前には、必ずデメリットについても確認しておきましょう。

空室リスクが高い

空室リスクとは、所有する不動産の入居者、利用者が決まらず、賃料収入が得られないリスクのことです。不動産は所有するだけでも維持費、税金がかかりますから、賃料収入がなければ赤字を垂れ流すだけのお荷物になってしまいます。

そして、オフィスビルやテナント関連の不動産は、住宅系のそれと比べて空室リスクが高いとされています。住宅系であれば、一度入居者が決まってしまえばしばらくは安泰のケースが多いです。それに対し、テナント系は入れ替わりが激しいため、結果として空室の期間が長くなってしまうことが多いのです。

賃料の変動率が大きい

マンションやアパートの賃料は、多少の変動はあるものの比較的安定しています。そして、これは安定した収入にも繋がります。対して、オフィスビルやテナント系の不動産の賃料は大きく変動しがちです。これは需給関係が住宅系の不動産より変化しやすいためです。

そのため、入居者、利用者はいるのにほとんど利益が上がらないという可能性も十分に考えられます。

場合によっては初期費用がかかる!

オフィスビルの入居者を多く集めるために、ほかのビルとは違った強みをつける必要がでてくることがあります。たとえば、OA環境の整備や電気容量設備、さらには、部外者が入ってこられないようにするためのセキュリティ対策も重要になってくるといえるでしょう。

ただし、これらのサービスを付加しようとするとその分だけお金が必要になってきます。場合によっては、住居用のアパートよりも初期費用がかなりかかってくるというデメリットがあるのです。

まとめると、オフィスビルへの投資は、住宅系への投資よりややハイリターン・ハイリスクだと言えるでしょう。

おわりに ビルオーナーは特別な資格不要でスタートできる!

オフィスビルのビルオーナーは、初期費用100万円程度で、特別な資格も不要でスタートできるのでおすすめです。近年、不動産投資は一般的なものになりつつあります。マンションやアパートに比べて、オフィスビルの利回りはまだまだ高い傾向にありますから、初心者でも失敗する可能性が低いといえるでしょう。
ただし、一般の住宅向けのアパートに比べて空室のリスクが高く、賃料の変動率なども大きいというデメリットも存在します。

また、これはあくまで一般論で、全ての不動産に当てはまるわけではありません。投資先を決定する際には、必ず自分の足で物件をリサーチし、専門の知識を持つ不動産会社に協力してもらいながら選ぶことをおすすめします。

投資に興味があるのであれば、不動産仲介業者などに相談しつつ、物件を購入するようにしましょう。


最終更新日:2019-09-27

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます