• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > リフォーム・リノベーション > 猫と快適に暮らす家にするならこんなリフォームがおすすめ。間取りや工夫まで徹底解説します

2019-08-28

最終更新日:2019-08-28

猫と快適に暮らす家にするならこんなリフォームがおすすめ。間取りや工夫まで徹底解説します

shutterstock_507456550


  • 愛猫が快適に過ごせる家にしたいがどうすればいいかわからない
  • 猫と暮らす上で注意すべきことを知りたい

身近なペットの代表格である猫。愛する猫が過ごしやすい環境を手に入れたいと思っている方も多くいるでしょう。そのような人が抱きがちな上記のような疑問を本稿では確認していきます。

猫が快適に暮らせる家とは?

猫が快適に暮らせる家を作るポイントは以下の通りです。

  • 猫の性質をまずは知っておこう!
  • 性質をおさえることで猫が快適に住める家の姿は見えてくる!
  • 猫と暮らす家を作るうえで注意したいことは3つある!

猫が快適に過ごせる家を作るには、猫がどのようなことを愛する性質を持っていて、どのようなことが嫌いなのかをしっかりとおさえておく必要があるのです。
詳しく確認していきましょう。

猫の性質をまずは知っておこう!

まずは知っておきたい猫の性質としては以下のようなものがあげられます。

  • 高いところが好きで、上下運動を好む
  • ダニの駆除など、健康維持効果がある日向ぼっこが好き
  • 開放的な空間が好き
  • 開放的な空間だけでなく隠れられるスペースも必要
  • トイレなどが汚いのを嫌う
  • 縄張り意識が強い

人にもそれぞれ個性があるように猫にも個性があります。しかし、基本的にどのような猫でも上記のような性質は持っています。家を作るなら、上記のような猫の性質をきちんと踏まえておくと良いでしょう。

性質をおさえることで猫が快適に住める家の姿は見えてくる!

さきほど確認した猫の性質を意識すれば、猫が快適に住める家の姿が見えてくるはずです。以下の事項を意識した家づくりをするようにしましょう。

  • 上下運動ができるように梁を利用したキャットウォークを作る
  • 窓は大きめに作る
  • 部屋と部屋をのびのびと移動できるようにペットドアを作る
  • 猫向けの小さなスペースを作る
  • いつでも新鮮な水が飲める猫用の水飲み場を作る
  • 外の縄張りを確認できるように窓の前には台座を作る

以上のような猫の性質を踏まえた工夫をすることで、猫が快適に住める家を作ることは可能になります。
また、飼っている猫の個性などもしっかりと意識して、自身の猫がどのようなことが好きかも考えて家を作るようにするとよりよいでしょう。

猫と暮らす家を作るうえで注意したいことは3つある!

猫と暮らす家を作るうえで、注意したいことは3つあります。

まず、一つ目は「寒さ」「暑さ」対策の取れた家にすることがあげられます。猫は飼い主が外にいるときでも自宅内にいます。そのため、自宅が暑さや寒さに弱い構造だった場合は、飼い主が留守の間、猫がつらい思いをする可能性があるのです。断熱素材を使ったりペット用の冷暖房装置を備え付けたり猫向けの暑さ寒さ対策をしておく必要があります。

二つ目としては「床」や「壁」を強い素材にしておくことがあげられます。猫は活動的な生き物ですから、デザイン性の優れた繊細な壁紙などはボロボロにされてしまう可能性もあるのです。猫が爪をひっかけても壊れないような強い素材で家を作るようにしましょう。

最後に、「臭い」対策の点で注意が必要です。猫に限らず動物を飼っていると、やはり臭いが気になってきます。喚起をしやすい構造にするなどの臭い対策が必要です。

猫と暮らす家におすすめの間取りはコレ!

猫と暮らすならば、「開放的な間取り」がおすすめです。猫が縦横無尽に走り回れるようにリビングなどの間取りを大きくとりましょう。
また、猫は横の移動だけでなく、縦の移動も大好きな習性を持っています。ですから、猫専用の小さな階段を取り付けたり、段違いにした階段腰壁を設置したりするようにしましょう。

また、猫との日々を楽しくするためにも、飼い主の生活を意識した間取り設定も大切です。猫はいたずらが好きな動物ですから、仕事などの重要な書類を汚されてしまう可能性もあります。ですから、猫が絶対に入ってこられない構造の部屋を間取りの中に加えておき、そこを書斎や仕事部屋にしておくと良いでしょう。猫にいたずらされては困るものを置ける部屋を作る間取りにしておくのも、猫との生活を快適にするうえで大切といえるでしょう!

猫と暮らす家にリフォームするならこんな工夫も

shutterstock_538309816

猫と暮らす家にリフォームするならば、ちょっとした遊び心を交えた工夫をしてみるとよいでしょう。

たとえば、「のぞき穴」。猫は小さなのぞき穴があると、ついつい覗いてしまう習性をもっています。猫を立ち入り禁止にしている部屋の壁などにのぞき穴を作っておくと、猫の気配を感じ取れて楽しむことが可能です。
また、「透明のアクリル板」を使った工夫もおすすめです。キャットウォークなどを透明のアクリル板で作ると、猫が高い所を歩いている姿を覗きこんだり、猫のかわいい肉球を観察できたりします。

ちょっとしたアクセントにもなってくれる遊び心を交えた工夫を取り入れてみましょう!

おわりに 愛猫のために猫の性質をしっかり意識してリフォームしよう!

愛猫が快適に過ごせる家にしたいのならば、猫の習性をきちんとおさえた家づくりをすることが大切です。日向ぼっこや高いところが好きな猫の性質をおさえて、大きめの窓を作ったり上下に移動できる工夫をしたりしましょう。
間取りとしては広々とした空間を取れるようにすることが大切といえます。また、仕事部屋など猫が入り込めない空間を作ることも猫との快適な共同生活を送るためには大切です。
愛猫の性格などもしっかりと考えてあげて、ちょっとした遊び心などの工夫をし、素敵な家を作るようにしましょう!


最終更新日:2019-08-28

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます