• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > クオリティは注文住宅! 中古のコーポラティブハウスを購入する際に知っておきたいメリット・デメリットについて

2019-04-03

クオリティは注文住宅! 中古のコーポラティブハウスを購入する際に知っておきたいメリット・デメリットについて

shutterstock_600377999


せっかくマイホームを購入するなら、思う存分こだわりを詰め込んだ注文住宅にしたいと考える方は多いのでは…しかし注文住宅はどうしても費用が高額になりがちですよね。

一方で、利便性が高い都市部・駅近のマンションも捨てがたいもの。そこで注目したいのが、「コーポラティブハウス」です。両方のメリットをあわせもつといわれるコーポラティブハウスとは、どのような住宅なのでしょうか。

コーポラティブハウスとは?

「コーポラティブハウス」とは、ある敷地に入居を希望する方が複数集まり、みんなで共同住宅を設計・建築し、入居後の管理運営なども行う集合住宅を指します。

語源について

「コーポラティブ(Cooperative)」は英語で「協同組合」という意味。コーポラティブハウスは和製英語ですが、居住希望者どうしで組合をつくってどのような住宅にするかを考え、土地の購入から工事の発注まで自ら行います。

戸建てでありながら集合住宅

居住希望者の希望を生かした家を建てるという点では注文住宅に似ていますが、注文住宅が戸建てであるのに対して、コーポラティブハウスは集合住宅です。

また、「広い土地にマンションを建設し、その土地を区分所有する」という形態は一般的なマンションと同様ですが、一般的なマンションの場合は入居希望者自身が企画・設計することはなく、不動産会社が決めた仕様の住宅を購入します。

このように、注文住宅と分譲マンションのそれぞれのメリットを兼ね備えているコーポラティブハウスは、もともとイギリス発祥で欧米では主流となっていますが、日本ではまだそれほど数は多くないんです。

コーポラティブハウスのメリット・デメリット

メリット

コーポラティブハウスの最大のメリットは、注文住宅や分譲マンションより安価で、自分の希望を生かした住宅を購入することができることです。

居住希望者が集まるところからスタートするコーポラティブハウスでは、広告宣伝費用がかかりませんし、予算も自分たちで決めることができます。それでいて、自由な設計が可能です。

中古のコーポラティブハウスを購入する場合は、自分で設計を決めることはできませんが、こだわって設計されたコーポラティブハウスには画一的な通常の分譲マンションにはないこだわりや高スペックの設備が期待できます。

デメリット

コーポラティブハウスの設計にあたっては、どのような住宅にするかを居住希望者どうしで話し合って決める必要があり、それには多くの時間と労力がかかることになります。

その話し合いの過程で密な人間関係ができやすくなるのはコーポラティブハウスのメリットでもありますが、中古で購入してあとから入居するケースでは、居住者どうしのコミュニティになじめないとご近所づきあいに不安が生じます。

こうした点は、コーポラティブハウスのデメリットといえるものでしょう。

shutterstock_1036212835

コーポラティブハウスは売却に不向き?

コーポラティブハウスには「コーポラティブハウスを売却する際、買い手を見つけるのが難しいことが多い」という一面もあります。

コーポラティブハウスは、居住希望者の希望やこだわりが反映された自由設計です。そのこだわりが、中古で購入したいと考えている方にも「メリット」となることもありますが、購入希望者によっては「私のニーズとは違う」となることもあるのです。

通常の分譲マンションは多くの方のニーズを満たす住宅になるよう設計されますが、それとは対極の存在であるコーポラティブハウスは、受け入れる人が少ないということが十分あり得るのです。

前述のように、コーポラティブハウスでは密なコミュニティが生まれやすいということも、住宅の流動性を妨げる要因になってしまうかもしれません。コーポラティブハウスを購入する際は、将来のことについても考えておく必要があるでしょう。

おわりに

マイホーム選びといわれてすぐに思い浮かぶのは、「注文住宅」「分譲の戸建て住宅」「分譲マンション」といった選択肢でしょう。ここに新たな選択肢として加わっているのが、「コーポラティブハウス」です。

新築で建てるのは大変なことも多く、中古で購入しようとしても数がそれほど多くないコーポラティブハウスですが、メリットも多く、マイホームとして検討する価値は十分あるといえます。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます