• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > コラム > プロが教える!食洗機の種類と選び方、気になる費用について徹底解説します。

2019-05-11

プロが教える!食洗機の種類と選び方、気になる費用について徹底解説します。


食洗機は、共働きが当たり前の社会で食後の家族団らんを支える大切なアイテムと言えます。食洗機にもたくさんの種類が出てきていますが、新しく購入するときには選び方が気になりますよね。

知っておきたい食洗機の種類と選び方

料理は好きだけど後片付けがちょっと苦手、という人に救いの手となる食洗機。食器を自動で洗い、乾燥までしてくれる頼もしい存在ですが、食洗機には大きく分けて2つのタイプがあります。

ビルトイン型

ビルトイン型食洗機は、システムキッチンの一部として組み込まれたタイプです。シンク下やキャビネットの中にあるため、すっきりとしていて場所をとらず、作業の邪魔になりません。

排水用のホースなどの位置に悩むこともなく、内部に組み込まれるため、作動音が気にならないことが多いようです。キッチンの間取りに合わせて、引き出しタイプやドアを開いてかごを引き出すフロントオープンタイプなどから選ぶことができます。

卓上型

卓上型は、大がかりな工事なしですぐに利用できるメリットがあります。置き場所と排水ホースの位置が決まれば、分岐水栓を取り付けてすぐに使うことができます。

シンクのわきに置けるので、食器を下におろす必要がなく、使いやすさでも利点があります。
初期費用が安くすみ、賃貸でも問題なく導入できるのが魅力です。一方でキッチンが狭くなり、ホースやケーブルの処理などが面倒というデメリットもあります。

選び方のコツ

ビルトイン型、卓上型それぞれに一長一短があり、また同タイプにも開き方やサイズなどさまざまな種類があります。家庭や生活の事情から、導入可能なタイプを選択するといいでしょう。

選ぶポイントとして、リフォームなど工事の有無、家族の人数などが挙げられます。
いくらビルトイン型を希望しても、食洗機単体を導入する事はできないので、システムキッチンの組み込みに合わせて、食洗機も選ぶことになります。

卓上型の場合、洗える食器の量には限りがあります。一度に大容量を洗いたい、フライパンや鍋まで入れたいとなると、ビルトイン型という選択になります。

食洗機の価格相場と月額費用について

食洗機を導入する場合には、予算をどれくらい見ておけば良いのでしょうか。
卓上型の場合、本体の価格は5万円~8万円程度、水栓分岐など取り付けを頼んでもプラス1万円程度です。

ビルトイン型の場合は本体価格が8~10万円、工事費用が4~5万円といったところです。ただしビルトインではシステムキッチンごと入れるのか、既存のキッチンに適合できる食洗機を入れるのかで大きく費用が変わります。

気になる毎月の費用

食洗機のランニングコストについてですが、4-5人の家族が1日2回、毎日食器を洗う場合の光熱費が手洗いでは3万8,300円、食洗機では1万9,600円となっています。この場合の1回当たりの光熱費内訳は、水道代約2.8円、電気代約20.8円となるようです。
わが家の節約額シミュレーション! | 食器洗い乾燥機/食器洗い機 | Panasonicデータより

各家庭の状況にもよりますが、食洗機を導入することで家計の節約にもつながりそうです。

食洗機のメリット・デメリットについて

shutterstock_639209764
食洗機は暮らしを便利にしてくれますが、万能ではありません。メリットとデメリットも確認しておきましょう。

乾燥肌の味方!食洗機のメリット

食洗機は先にも見たように、光熱費の節約につながります。また食器を洗わなければならない、後片付けをしなければならないというストレスからも解放され、食後にゆっくりとしたひと時を過ごすことができます。

お湯と洗剤で手荒れが気になるという人にとっては、肌への負担軽減となります。乾燥で指先が割れるという症状が出る肌タイプには、食洗機が最高の代役となってくれるでしょう。

洗い残しが…食洗機のデメリット

一方で食洗機には専用の洗剤が必要になります。また洗い残しをなくするためには、予めキッチンペーパーでひどい汚れを落とし、軽くすすいでおくなどをおすすめします。ご飯粒などが乾いてしまうと洗い残しが出るため、食器によっては水につけておくなどの工夫も求められます。

また食洗機は温水がきちんと噴射されるように、正しく食器をセットしなければなりません。慣れるまではうまく汚れが落ちないということもあるようです。サイズによってはフライパンや鍋が入らないため、結局2度手間になるという意見も聞かれます。

おわりに

食洗機は現代の家庭生活で、時間の節約という大きな役割を果たします。リフォームを機会に、食洗器を導入するという家庭も少なくないようです。一方で購入後に思ったような使い方ができず、宝の持ち腐れになっているという話もあります。

導入にあたりどのようなタイプを選ぶのかは、生活スタイルや家の状態によっても変わります。コストと使いやすさの両面から考え、最適な食洗機を選んでいきましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます