• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 新築一戸建てに火災保険加入は必要?見極めポイント4つ

2019-10-26

最終更新日:2019-10-26

新築一戸建てに火災保険加入は必要?見極めポイント4つ

shutterstock_1461467444


  • 新築一戸建てに火災保険は必要?
  • 新築一戸建ての火災保険、相場はいくら?

この記事では上記のような疑問にお答えしていきます。

新築一戸建てを購入すると、住宅費はもちろん、家具や引っ越し代金などで何かと物入りですね。保険料を減らして節約を考える方もいるでしょう。

そこでこの記事では、火災保険はそもそも必要なのか、必要ならばどのように選べばいいのか、といったことをご紹介していきます!

ズバリ、新築一戸建てに火災保険は必要?

新築一戸建てと火災保険の必要性についてまとめると以下の通りです。

  • 新築一戸建てに火災保険は必要!
  • 「失火責任法」という法律がある!
  • 相場は「建物の構造」と「補償の内容」で異なる

ズバリ新築一戸建てにも火災保険は必要です!
火災に強い家を建てたから必要ないと考えている方も加入を検討してみてください。その理由を上記のポイントを中心に説明していきます。

新築一戸建てに火災保険は必要!

新築一戸建てにも火災保険は必要です。仮に、耐火構造の家を建てたとしても、火災保険には入っておくべきです。

そもそも、火災保険とは火災と入っていますが、補償されるのは火災による被害だけではありません。以下のような被害も補償してくれるのです。

  • 洪水などの水災
  • 風災や雪災
  • 水漏れやガス菅の破裂
  • 盗難
  • 損害賠償金

火災保険は、暮らしの保険や生活の保険と呼ばれることもあるくらいに、日常生活を支える補償がついてきます。

火事の心配がなくとも入っておくべきです。

「失火責任法」という法律がある!

新築一戸建てを購入された方の中には、「火事には気を付けているし、損害賠償に関する保険には別に入っているから、火災保険はいらない」と考えている方もいるのではないでしょうか。

実は、日本は火災に関しては特殊な事情を抱えています。「失火責任法」という法律があるのです。この法律は、仮に火元に重大な過失がなかったら、隣家などを燃やしてしまっても損害賠償しなくても良いという内容です!

もらい火で自分の家が焼けても火元に過失がなければ補償金は受け取れず、ローン残高や生活再建費を自分でどうにかしなくてはならないのです。

このような法律があるので、火災保険には入っておくべきです!

相場は「建物の構造」と「建っている地域」で異なる

火災保険の相場は一概にいくらとはいえません。なぜなら、保険料金は建物の構造や建っている地域によって大きく異なるからです。

たとえば、耐火構造であったり災害が起きにくい地域に建っていたりする一戸建ては保険料が安くなります。

一方、木造一戸建てなどの火に弱い構造の家で、水害などの災害が多い地域に建っていたりすると保険料は高くなるのです。

10年契約の場合は、基本的に4~8万円、オプションでさまざまな補償をつけると10~30万円になります!

火災保険はいつ入っておくべき?

shutterstock_1433575262

火災保険は加入のタイミングにも注意が必要です。火災はいつ起きるか分かりません。引渡の日から補償の効力が発生するように契約をするのが理想といえるでしょう。

引き渡しの2週間前から準備を始めておくのが理想です。

ただし、この時期は契約に関するさまざまな手続きもあるはず。直前に焦らないように段取りよく手続きを進めましょう。

あなたの家に最適な火災保険の見極めポイント4つ

火災保険はパッケージ化されていてさまざまなリスクに関する補償がついています。しかし、必要のない補償がついていることも。

見極めポイントとしては以下のような点があげられます。

  • リスクの低い災害の補償がついていないか
  • 新築ならばセキュリティ対策不要
  • 他の保険とかぶった補償はないか?
  • 複数の会社から見積もりを取る

水害などは川から離れた地域では起こる確率が低いですし、新築ならばセキュリティ対策もしっかりしていますから盗難の補償なども必要ないでしょう。

このようにパッケージ化された火災保険から不要な補償がないかを確認していくのがポイントです。

すでに他でカバーできている補償がないかの見極めも大切です。たとえば、賠償金の補償などは、クレジットカードのおまけの保険で既に入っている可能性もあります

保険に入る際には、複数の会社から見積もりを取って、欲しい補償や値段があっているものを選ぶのも大切ですよ。

おわりに 新築一戸建てこそ火災保険に入ろう!

火災保険は火災だけでなく水災などの補償をしてくれます。新築一戸建てを購入した段階では住宅ローンがかなり残っているはずです。

火事で自宅を失ってしまったのに、ローンだけは払い続けなくてはならない、という事態を避けるためにもきちんと火災保険には入っておきましょう!

火災保険を選ぶときは複数社から見積もりを取り、不要な補償のないものを選ぶのが大切ですよ。

また、更新の時には住宅の事情も変わっているでしょうから、火災保険の内容をきちんと確認するのが大切といえます。


最終更新日:2019-10-26

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます