• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > お金・制度 > リノベ費用をローンに組み込みたい方に朗報!フラット35リノベを知ってお得にリノベーションを

2019-07-04

最終更新日:2019-07-04

リノベ費用をローンに組み込みたい方に朗報!フラット35リノベを知ってお得にリノベーションを

shutterstock_1245050782


中古住宅をリノベーションしたいけれど、支払いはどうしたらいいんだろう……と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか? けっして安い金額ではないので、考えてしまいますよね。実は、リノベーションには住宅ローンのフラット35リノベを利用するのがもっともおすすめできるんです。この記事では、おすすめの理由などを詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

フラット35リノベとは?

フラット35リノベというのは、中古住宅の性能向上リフォームのリノベーションを行う際や、中古住宅でリノベーション済のものを買う際に、一定期間フラット35の金利が引き下げられるものです。

金利が引き下げられる期間はどれくらい?

Aプランという金利が初めの10年間引き下げられるものと、Bプランという金利が初めの5年間引き下げらえるものがあります。なお、性能向上リフォームというのは、一定以上の耐震性や省エネルギー性などの住宅の性能をアップさせるものです。フラット35リノベが利用できるのは、次のような場合です。

  • 性能向上リフォームを中古住宅を買ってから行う
  • 性能向上リフォームが終わっている中古住宅を買う

また、必要条件として、「中古住宅の維持保全に係る措置」を行うこともあります。この措置というのは、インスペクションの実施、瑕疵保険の付保等、住宅履歴情報の保存、維持保全計画の作成のいずれかになります。

気になるメリットと金利について

フラット35リノベの場合は、金利タイプがフラット35リノベAプランとフラット35リノベBプランの2つがあり、それぞれ金利の引き下げ期間にも違いがあります。

【フラット35リノベAプランの場合】
金利引き下げ期間は初めの10年間で、フラット35の金利から0.5%が引き下げられます。
【フラット35リノベBプランの場合】
金利引き下げ期間は初めの5年間で、フラット35の金利から0.5%が引き下げられます。

なお、この金利は、申込受付が平成31年3月31日までのものに適用され、この後の引き下げ条件が変わることが考えられます。

フラット35リノベAプランとフラット35リノベBプランでは、引き下げ期間が違っていますが、同じ金利の引き下げ幅です。フラット35リノベBプランよりも、長い引き下げ期間のフラット35リノベAプランの方が金利的には大きなメリットがあります。

なお、どこの金融機関から借り入れしても、基本的に、フラット35リノベは全く同じ金利になります。基本的に同じ金利のため、フラット35リノベを比べる際は、それぞれの金融機関の事務手数料、保障、サービス・優遇特典くらいになるでしょう。

フラット35リノベ利用時の注意点

フラット35リノベを利用する際は、手続きを決められた方法に従って進める必要があります。この手続きはちょっと複雑なので、フラット35の公式サイトでチェックしましょう。ここでは、フラット35リノベ利用時の注意点についてご紹介します。

まずはフラット35リノベを利用したいことを不動産業者に伝える

フラット35リノベを利用する際は、中古住宅が基準に適合するかを、前もって検査機関にチェックしてもらう必要があります。そのため、中古住宅を買った後に、フラット35リノベの利用申請をすることはできません。

また、フラット35リノベを利用する際は、フラット35(リフォーム一体型)を扱っている金融機関に申し込みする必要があります。

金融機関の全てが扱っているということではないため、利用したい金融機関を決める際も、不動産業者に協力してもらえば、スムーズに進みます。

条件に適合する住宅は、リフォーム業者に申し込みする前にチェックしてもらう

フラット35リノベを利用する際は、リフォーム金額が中古住宅の代金を決済する時点で細部まで分かっていることが必要です。

また、工事を始める前にはリフォーム工事プランを検査機関に提出する必要があるなど、俊敏性・機動性がリフォーム業者に要求される場合が多いです。そのため、条件に適合する中古住宅があれば、申し込みする前でも、現地調査をリフォーム業者に頼んで、費用やプランを掴んでおくことが必要です。

リフォーム業者を選ぶときは、最低でも3社くらいから見積もりを入手して比べる必要があります。このための時間を確保しておくことがポイントとなります。

おわりに

shutterstock_84108820
フラット35リノベの気になるメリットと金利などについてご紹介しました。この記事を読んで、リフォームの決意が固まった方もいるかもしれませんね。

フラット35リノベの場合は、中古住宅の性能向上リフォームのリノベーションや、中古住宅でリノベーション済のものを買う際に、一定期間フラット35の金利が引き下げられるのでお得感があります。

また、金利の引き下げ期間が違うフラット35リノベAプランとフラット35リノベBプランの2つの違いもしっかり把握して、ローンの検討をしてみてくださいね。


最終更新日:2019-07-04

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます