• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 庭があっても日当たり良好とは限らない!庭付き中古マンションと一戸建てについて詳しく解説します。

2019-06-14

最終更新日:2019-06-14

庭があっても日当たり良好とは限らない!庭付き中古マンションと一戸建てについて詳しく解説します。

shutterstock_757349809


自宅を手に入れようと考えるとき、庭付きを望む人は少なくありません。自然に触れられ、植物を育てたりくつろいだりするスペースがあれば、自宅での時間がさらに豊かなものとなるでしょう。庭付きのマンションか一戸建てか悩むところですが、それぞれデメリットもあるようです。

住む世代で賛否両論!?庭付き中古マンション

庭付きのマンションというと、マンションの利便性と庭付き戸建ての「良いとこ取り」のイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。

子育て世代には大助かり

庭付きマンションの1階は、自宅の専用庭を自由に使うことができます。マンション住まいでありながら、本格的なガーデニングができたり幼児用プールを置いて遊ばせたりすることもできます。

子どもの落下事故の危険も少なく、階下に足音が響く心配もありません。ベランダから直接地面に降りて遊べるスペースがあれば、事故の心配もそれだけなくなります。子育て世代にとっては、庭のあるマンションの1階はかなりのメリットがあるといえます。

庭付き=1階なのでデメリットも多数

気になるのはセキュリティ上の問題のようです。上階に比べれば、どうしても泥棒に入られる可能性が高くなります。外部からの視線や、不審者の侵入も心配です。

また高層マンションであっても1階は日当りが悪い可能性があり、眺望も期待できません。地面に近いため冷気・湿気が上がってくる傾向があり、カビや結露に悩まされたり、暖房の利きが悪かったりすることもあります。周囲環境によっては上の階よりも、虫が多いというところもあるようです。

shutterstock_511957261

庭のない生活が続くと庭付き一戸建てに憧れ、あれこれと想像して楽しむ人もいるでしょう。しかし庭付き一戸建ての現実は、それほど楽ではありません。面積の限られている庭付きのマンションとはまた違い、一戸建ての場合は家の周囲すべてが管理をする対象となります。

庭の整備が負担に

自宅の土地全部をきれいに保つためには、相当の時間を割かなければなりません。例えば庭師を入れて美しく作りこんでも、雑草は容赦なく成長してきます。春先から秋まで、絶え間なく草取り作業に追われることになるかもしれません。

庭での自由度は低い?

庭で楽しめるはずのバーベキューやプール遊びですが近年人目や周囲の迷惑を気にせずに実行するのはかなり難しくなっているようです。住宅街で近隣に配慮をすれば、庭遊びも自然と限られてしまいます。

しかも庭を楽しめるベストシーズンはそれほど多くなく、庭を活用できる時期は思うほど長くはありません。共働きのサラリーマン世帯では、庭の手入れをするのが精いっぱいという可能性があります。一戸建ての庭を思うように楽しむためには、ある程度の自由な時間と環境が必要と言えるでしょう。

庭でなくても満足感を得られる

一般的に言われる「庭付き」以外でも満足感のある暮らしは可能でしょうか。庭付きのマンション、一戸建てについてみていきましょう。

中古マンションは庭より最上階

中古マンションでは庭付きに固執せず、最上階が狙い目です。最上階であれば風の通りも良く、日照も十分に得られます。眺望がよく、開放感があるので健康的に毎日を過ごせます。
上階からの騒音に悩むこともなく、湿気の心配も軽減します。

運よく広めのベランダやルーフバルコニーのある物件に当たれば、庭付きのような楽しみ方も夢ではないでしょう。土の地面こそありませんが、最上階で暮らす快適さは庭付きに勝るとも劣らないものとなります。

一戸建ての庭は”中庭”主流?

プライバシーを気にせずにガーデンライフを楽しめる方法としては、中庭という手段があります。住宅の「外側」に向けて人目を気にしない庭を確保するのは、狭い住宅用地では無理があります。高い塀で囲んでしまうと、防犯上も好ましくありません。

コの字型やロの字型の中庭を作れば、屋内への採光もできて一石二鳥です。子どもを遊ばせておくのにも安心・安全な上、多少大きな声を出しても近隣に迷惑になりにくいという利点があります。プール遊びやガーデンパーティーなど、外部からの視線を気にせずに楽しむことができます。

また中庭側の窓ならば、夏の夜に開けておいても人が侵入してくることがないため、安心して眠ることができます。中庭には安全性を確保しながら、外の空気に触れられるという大きなメリットがあります。

おわりに

住宅の広告や雑誌などを見ると、庭のある生活が理想的に描かれています。しかし、実際には庭付きのマンション、庭付き一戸建て住宅のいずれにもマイナス面があります。イメージだけで決めてしまうと、思わぬデメリットの多さに後悔することにもなりかねません。庭ばかりに執着せず、心地よい暮らしのためにさまざまな情報を集めて、良く検討してみてはいかがでしょうか。


最終更新日:2019-06-14

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます