• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > お金・制度 > 【無料シミュレーションツール付き】これを読めば大丈夫!銀行にいかなくてもその場でわかるローンシミュレーターについて解説

2019-07-04

最終更新日:2019-07-11

【無料シミュレーションツール付き】これを読めば大丈夫!銀行にいかなくてもその場でわかるローンシミュレーターについて解説

shutterstock_1170707221


住宅ローンを利用するとき、銀行に行ってローンのシミュレーションを行う必要があるので、非常に面倒に感じる方も多いでしょう。しかし、ローンシミュレーターがあれば、銀行に行かなくてもその場でローンのシミュレーションが分かるんです。

ここでは、ローンシミュレーターの使い方や見方を徹底的に紹介していますので、これから銀行に出向こうとしていた方や、住宅ローンを検討している方はぜひ一度目を通してみてくださいね。

ローンシミュレーターとは

ローンシミュレーターというのは、どの程度まで借りられるか、月々の返済額はどの程度になるか、借換えをすればどの程度返済額が変わるかなどを計算できるものです。

現在の年収や希望の借入額などから計算するので、借入できる目安の金額、借換えした際にどの程度メリットがあるかを前もってシミュレーションすることができます。また、シミュレーションした後に、プラスで繰上返済も計算できます。ローンシミュレーターでは、次のようなことが分かります。

新しく借入れを考えている場合

  • 月々の返済額が調査できる
  • 借入可能額を現在の年収から調査できる
  • 借入可能額を月々の返済額から調査できる

借換えを考えている場合

  • 借換えした際のメリットをローン残高から調査できる
  • 借換えした際のメリットを借入中の月々の返済額から調査できる

ローンシミュレーターの使い方と注意点

ローンシミュレーターは、次のような使い方と注意点があります。

シミュレーションは簡易的なものである

シミュレーションは簡易的なものであり、借入が約束されるものではありません。実際に借入する際は審査をする必要があります。

返済額

返済額は簡易的なものであり、実際の返済額ではありません。借り換えする際は、自分自身の判断で申し込みする必要があります。

金利

シミュレーションに使う金利は参考のもので、実際に借入する際のものではありません。ほとんどのシミュレータでは金利を固定で計算されることが多いですが、実際はそうとも限らないからです。実際に借入する際の金利については、借入する金融機関に確認する必要があります。

簡易ローンシミュレーター

本サイトでも、ローンシミュレーターを作成してみましたのでご利用ください。

条件を入力してください。

万円 《例》 2000(万円)
万円 《例》 500(万円) 
ボーナス返済なしの場合は「0」を入力してください。
《例》 1.5(%)
《例》 30(年)
万円 《例》 600(万円)

シミュレーションの計算結果が表示されます。

 
 
 
 
 
万円
万円
  • 金額入力の欄は「万円」単位でご記入ください。
  • ボーナスの回数は年2回を想定し計算しております。回数に応じて適宜[b]を読み替えてください。
  • ローン返済額はすべて基本的な元利均等方式、固定金利方式にて算出しております。実際にはもっと複雑な計算式が必要となる場合もございます。
  • 当サイトのローンシミュレーターはあくまでシミュレーションです。諸条件により実際の数字とは大幅に異なる場合がございます。あくまで目安としてご利用ください。
  • 当サイトのローンシミュレーターを利用したことによるトラブル・損害・損失について、当方はいかなる場合にも一切の責任を負いません。

おすすめしたいローンシミュレーター

ローンシミュレーターには、いろいろな種類があります。ここでは、おすすめしたいローンシミュレーターについてご紹介します。

住宅保証機構㈱

非常にシンプルで使用しやすいローンシミュレーターです。返済額だけでなく、借入可能額を返済額から計算したり、返済期間を繰上返済額から計算したり、いろいろな経費を計算したりするなど、シミュレーションを一通り行う場合はこのシミュレーターのみで十分でしょう。

ライズ・エステート合同会社

住宅ローンのシミュレーターのエクセルが、無償でダウンロードできます。住宅ローンをエクセルでシミュレーションしたい場合は、非常におすすめです。エクセルの場合は、以前にシミュレーションしたデータを残せるというメリットがあります。

SUUMO

さまざまな条件のスライドバーを移動するだけで、月々の返済額を計算することができます。非常に使いやすくて直感的なローンシミュレーターです。返済額をさまざまな数値を細かく調整しながらシミュレーションできる優れものです。

なお、ローンシミュレーターは、それぞれの金融機関もオリジナルのものをサービスしています。

住宅ローンのシミュレーター使用時の注意点

シミュレーターを使用するときには、どんな注意点があるのでしょうか。

オリジナルの住宅シミュレーターを使用しましょう

住宅ローンを楽天銀行で利用したい場合は、楽天銀行のローンシミュレーターを使用するのがおすすめです。金融機関によって、事務手数料や団体信用生命保険料などの条件が異なります。そのため、別の金融機関のローンシミュレーターを使用すれば、考えていなかったような誤差によって、数値の判断をミスする場合があります。

諸条件の違いに注意しましょう

初めの段階においては、先におすすめしたようなローンシミュレーターを利用する方がいいでしょう。なお、諸経費は、ネットバンキングにおいてもバラつきがあります。都市銀行も含めれば、事務手数料や繰上返済手数料などの諸条件が違ってきます。

それぞれの金融機関がサービスしているローンシミュレーターを使用する際は、諸条件が違っているため注意しましょう。

おわりに

shutterstock_531750412
ここでは、銀行にいかなくてもその場でわかるローンシミュレーターのあれこれについてご紹介しました。ローンシミュレーターは、どの程度まで借りられるか、月々の返済額はどの程度になるか、借換えをすればどの程度返済額が変わるか、などを前もってシミュレーションすることができます。

また、ローンシミュレーターはいろいろありますが、ここでご紹介したようなものがおすすめです。ローンシミュレーターを使用する際は、標準的な住宅ローンの目安と比較してどうかということを掴むことが大切です。ローンシミュレーターを使用する場合は、ぜひ参考にしてください。


最終更新日:2019-07-11

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます