• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > リフォーム・リノベーション > ないなら作っちゃえ! 中古戸建てを購入してバイカーズ物件に…ビルトインガレージリフォームにかかる費用を一挙公開!

2019-04-03

最終更新日:2019-04-03

ないなら作っちゃえ! 中古戸建てを購入してバイカーズ物件に…ビルトインガレージリフォームにかかる費用を一挙公開!

shutterstock_251064787


バイク好きな方の悩みの定番と言えば…バイク置き場の確保。特にマンション住まいの場合、駐輪場がある物件は多いですが、バイク置き場が完備された物件は非常に珍しいです。

満足できるバイク置き場付きの物件が見つからな、中古戸建てを購入して自分でビルトインガレージを設置することを考えてみてはいかがでしょうか?

バイカーズ物件とは?

住宅のなかには、「バイカーズ物件」と呼ばれるものがあります。これは、バイク好きな「バイカー」向けにさまざまな趣向が施された物件です。

中でも全室がテラスハウスになっている物件では、1階に居室とガレージが併設され、居住スペースにいながらにして常にバイクを眺めることができます。

ロフト付きのバイカーズ物件ではバイク道具の収納に不便することもありませんし、ガレージにヘルメット棚やジャケット掛けが備わっているバイカーズ物件なら出かけるときにも便利ですよね。

バイカーズマンションでは、バイク好き向けの設備が充実しているだけでなくご近所さんもバイク好きであることから、住民どうしの交流が生まれて一緒にツーリングに行くことも。

しかし、バイカーズ物件の最も大きなポイントは、ガレージ完備という点でしょう。建物の1階に「ビルトインガレージ(インナーガレージ)」が設置されている物件は、バイカーから多くの人気を集めています。

ビルトインガレージのメリット・デメリット

メリットについて

建物の屋内にバイク置き場がある「ビルトインガレージ」には、多くのメリットがあります。屋内であるビルトインガレージの最大のメリットは、バイクを雨風にさらすことなく安全に保管できることです。

自分自身も雨に濡れることなくバイクにアクセスできますし、シャッターなどで外から隔離されたビルトインガレージであれば盗難・いたずらからバイクを守ることもでき防犯性の面でもすぐれています。

デメリットについて

ビルトインガレージのデメリットとして挙げられるのは、ガレージを作ることで居住スペースが狭くなることがあげられます。バイクを置くスペースだけでなく、メンテナンスやバイクの出し入れを行うスペースも確保するとなると、ある程度の面積が必要になってきますよね。

ビルトインガレージを設けることで分柱や壁が少なくなる為、建物の強度を保つための工夫が必要になってきます。自分でビルトインガレージを作るとなれば、事前に耐震診断を行い、場合によっては補強工事を行う必要が生じる可能性もあることを覚えておきましょう。

shutterstock_501081478

ビルトインガレージのリフォーム費用について

自分で中古戸建てを購入して、1階の一部をビルトインガレージにリフォーム・リノベーションをするという方法がありますが、気になるのはその費用ですよね。

一般的に、建物の1階をビルトインガレージに改築するには、建物の一部を解体してその部分にガレージをつくりますが、その費用は200万円から350万円ほどというのが相場のようです。

とはいえ、建物の居住スペースとビルトインガレージのつなぎ目をどのようにするか、ビルトインガレージの広さや設備をどのくらいにするかといったように、施工内容や使用する建材によっても、費用は大きく異なります。

まずは、ビルトインガレージにバイクを何台止めるか、どのように使いたいかといったことと、どのぐらいの予算を捻出できるかということをよく検討しましょう。

そのうえで、リフォーム会社に相談するなどして、最適な工事プランを検討するといいでしょう。

おわりに

広い開口部で出入りに苦労することなく、屋内にバイクを止められるビルトインガレージは、多くのバイカーが魅力的に感じる設備でしょう。

ビルトインガレージにはデメリットもありますし、少なくない費用もかかりますが、「いつか自分でリフォームしてビルトインガレージを作りたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

前述のように、ビルトインガレージにはある程度の広さが必要となりますし、耐震面でも注意が必要です。ビルトインガレージを作る前提で中古戸建てを購入する場合は、建物の構造や面積に注意して物件を選びましょう。


最終更新日:2019-04-03

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます