• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
マイホームブック(byスターフォレスト) > リフォーム・リノベーション > Iターン、Uターンでのんびり田舎暮らしをしませんか?古民家リフォームのコツもご紹介

2019-08-28

最終更新日:2019-08-28

Iターン、Uターンでのんびり田舎暮らしをしませんか?古民家リフォームのコツもご紹介

shutterstock_1167137545


  • Iターンって何?
  • Uターンって何?
  • なぜ田舎暮らしが注目されているの?

本稿では、近年注目されている田舎暮らしの疑問にお答えしていきます!
田舎暮らしというとリタイアをした高齢者が始めるイメージがありました。しかし、最近では子育て世代の若い方々が田舎暮らしをスタートする例が増えてきています。Iターンといった言葉の意味するものや田舎暮らしで気を付けたいポイントを確認しておきましょう。

Iターン、Uターンとは?

まずは田舎暮らしの基本を確認していきましょう。田舎暮らしのポイントは以下の3つです。

  • Iターンとは都会生まれの人が田舎暮らしをすること
  • Uターンとは都会から生まれ故郷の田舎へ戻ってくること
  • 都会に依存する生活への疑問から田舎暮らしは人気がでている

以下で詳しく確認していきましょう。

Iターンとは都会生まれの人が田舎暮らしをすること

Iターンとは、都会生まれの方が田舎で暮らすことを指します。たとえば、東京で生まれ育った方が、子育てや就職といった人生の転機をきっかけに秋田県などの地方に移住すればIターンといえます。

Uターンとは都会から生まれ故郷の田舎へ戻ってくること

Uターンとは、地方出身者が都会に移住していたものの、その後生まれ故郷の地方に帰ってきた場合を指します。
たとえば、秋田県の出身者が進学などを機に東京に出て働いていたけれど、結婚などを機会に実家のある秋田に戻ってきた場合をUターンといいます。

都会に依存する生活への疑問から田舎暮らしは人気がでている

IターンもUターンも、都会から田舎に生活の基盤を移すことを指す点では変わりません。
ここ数年、働き世代である30~40代の人たちの中で、UターンやIターンを実行する人が増えています。
きっかけとしては長引く不景気に原因があるとされています。リーマンショックで経済の基盤が大きく揺らぎ、都会に依存した生活を行うことに不信感を抱く人が増えてきました。
さらに、東日本大震災によって東京といった土地が災害に対して脆弱性を持っていることが明らかになりました。
これらのことをきっかけに、農作物などでとりあえず日々の食事には困らない田舎の生活に憧れを持つ人が増えたのだといえるでしょう。また、田舎の中でも特に災害の少ない地域に引っ越し、安心して子育てをしたいと考える人が増えたのも背景としてあるといえます。

Iターン、Uターンで田舎暮らしのメリットとデメリットとは

Iターン、Uターンにも、メリット・デメリットがそれぞれあります。Iターン、Uターンを決める前に把握しておくことが大切です。

田舎暮らしのメリット

田舎暮らしのメリットとしては以下のようなものがあげられます。

  • 物価や地価が安い
  • 自然豊かでのんびり過ごせる
  • 通勤でゆっくりできる

田舎は都市部に比べて物価が安いです。特に、新鮮な野菜などがかなり安く手に入れられます。住宅費もおさえることができ、大きな家でのんびりと過ごせる点も魅力でしょう。
また、田舎は人が少ないので都会のように満員電車に乗らなくては通勤できないということもありません。自然豊かな景色を見ながらのんびり通勤できるのです。

田舎暮らしのデメリット

田舎暮らしのデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 求人が少なく収入が減る
  • 娯楽が少ない
  • 人付き合いが面倒なことも

都会に比べて田舎では求人が少なく、職種も限られているため希望の職につけないことがあります。加えて、人件費が安く年収も減ってしまう可能性も存在するのです。
さらに、田舎には大型ショッピングセンターやレジャー施設がありません。また、田舎は人付き合いが濃厚ですから、人との付き合いが苦手な方はストレスを感じる可能性も存在します。

田舎暮らしを思い切り楽しむ!楽しみ方のポイント7つ

田舎暮らしは娯楽が少ない! というデメリットをご紹介しました。しかし、田舎でしかできない楽しみもあります。
田舎暮らしを楽しむコツとしては以下のようなものが存在しているのです。

  • 大きな家に住んでインテリアなどを楽しむ
  • 都会では飼えないペットを飼って楽しむ
  • 農作業をして楽しむ
  • ドライブを楽しむ
  • その土地の歴史や文化、お祭りを楽しむ
  • レジャーをして楽しむ
  • 起業をして楽しむ

田舎は都会に比べて地価が安いです。ですから、都会では考えられないような価格で大きな家に住めます。
家のインテリアに凝ってみたり、庭で農作業をしてみたり、大型犬などのペットを飼ってみたりと土地を使った楽しみがあるのです!
さらに、田舎の広々とした道路をドライブしたり、海や山が近いのならば気軽にレジャーをしたりして楽しめます。
その土地独自の文化や同じく田舎暮らしをしている人々と交流してみたりと楽しみ方は無限大だといえるでしょう。また、田舎は求人が少ないのでいっそのこと独立して起業をしてみるのも楽しいといえます。

憧れの古民家に住むなら、リフォームがおすすめ! リフォームのポイントとは?

shutterstock_202018363
田舎暮らしの楽しみの一つとして「広い土地の大きな家に住めること」があります。この際に、レトロで素敵な古民家に住むのも良いでしょう。

リフォームのポイントは「水回り」といった生活スペースだけリフォームをすること。建物の構造などは、あえて味わい深い古民家の特徴をそのまま残して、キッチンやトイレなどの水回りや生活に必要な部分だけを入れ換えたり補修をしたりします。

また、床材を新しく入れ換えたり、外壁を白壁にしてみたり、古民家らしさを活かせるようにリフォームするのがおすすめです!

まとめ 低価格でお気に入りの家に住めるという贅沢

近年注目されている田舎暮らしですが、求人が少なかったり娯楽施設が少なかったりするというデメリットも存在します。しかし、田舎だからこそ低価格で広い家に住めたり、起業をしてみたりする楽しみも存在しているのです。

また、大きな古民家などを、味わい深い外見を残しつつ、生活スペースだけを便利にリフォームして暮らしてみるのも楽しいでしょう。のんびりと過ごせる田舎暮らしをぜひ検討してみましょう!


最終更新日:2019-08-28

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます